2021年04月02日

親子で味噌仕込み

明日の親子で味噌仕込みの準備をしています。

白大荒屋大豆を水に浸けました。4月2日白大荒屋大豆.jpg
一晩以上、しっかり水を吸わせます。

今年は玄米麹で仕込みたいというご希望です。4月2日 玄米麹.jpg

塩は土佐の天日塩あまみです。16日味噌作り土佐のあまみ.jpg

以上+手!

明日は4人の手で作ります。
posted by 自然村 at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

屋久島の枇杷は明日

明日、屋久島の絶品枇杷が届く予定です。

5箱です。

次回はいただけるかどうかは未定です。
そのくらいに収量は少ないのだそうです。
毎年、いただける数が思う以上に限られているので不思議に思っていたので
思い切ってお聞きしました。
お答えを聞いて、欲張った自分を恥ずかしく思いました。

屋久島は台風の進路にあたります。
年々大型化する暴風の台風に何度も見舞われて、木が大きなダメージを受けています。

ビワの収量というか、栽培面積をご説明させていただくとですね。

栽培している面積は大体2反ほどになります。(始めた当初から)
そこにあったおよそ100本のビワの木は現在50本ほどに減少し
6,000袋かけていたのも3,000袋に減少しております。
(そのうち全部が売り物になるわけではありません)
50本のうち元気な樹は半分くらいです。
樹がおそらく樹齢50年を超えており毎年台風の後、そのダメージを
回復できずに何本か枯れていく、といった感じです。
一般的に果樹は老木になるほど味が良いとされるのですが、
収量は減り、最悪枯れていきます。
老木で、抵抗力がない状態なのに、病気になっても薬剤もかけないので当然です。

現在、その減少スピードを少しでも緩和させようとしてますが、
老いには勝てないというか、それが自然ですからそのうち全部枯れる時がくるのでしょう(泣)

ちなみに販売は自然村様以外は全て個人のお客様です。
ご想像以上に、収穫量が少ないかと思います(笑)


屋久島の絶品の枇杷、欲しい方はお取り置きしますのでご連絡ください。
先着順になります。

岩崎政利さんの野菜

今週の雲仙たねの自然農園
岩崎政利さんの野菜です。四月二日岩崎さんの野菜.jpg

ブロッコリーは蕾の色が・・
早く茹でて食べていただいたいですが、
見た目で判断ですとお買い求めいただけるかどうか・・という心配をしています。
先々週のブロッコリーも同様でして、早くに下げてしまいました。ただ、茎は時間が経過しても瑞々しく、
ある日の天ぷらに大変甘く美味しい(何か?)がありましたので
「セロリ?」と作り手に聞きましたら、
「ブロッコリーの茎だよ。味覚がないんじゃない」と軽蔑されてしまいました。泣き笑い
そのような岩崎さんのブロッコリーです。いかがですか?

大根の間引き菜も袋に入れずに届いたので葉がくたんとなっていました。このままでは手に取ってもらえない恐れがあるので、
洗って水揚げして販売します。4月2日間引き大根.jpg
見た目で売れ行きが左右されるものはあります。
洗う手間がかかりそうだとか、もです。
ただ、この大根の間引き菜は、茹でれば目の覚めるような緑が輝き、菜飯にしたらいくらでも食べられそうでしたし、
大根は、練り物と一緒に炒め醤油煮の賄いにしたら
大根の風味の美味しいこと!つぎつぎと食べました。
せっかくの大根の間引き菜をみなさんに楽しんでいただきたいので、少し手間をかけて販売します。

今週のお便りのテーマは「晩生あぶら菜」です。4月2日晩生アブラ菜(宮内菜).jpg
有機農家から離農しタクシー運転手になられた方の荒れた畑の中に残っていた宮内菜から種を守っているものです。
毎回、岩崎さんのお便りは野菜と岩崎さんの心の姿が
生き生きと綴られています。
野菜の傍に置いておきますので時間がありましたらお読みください。

#自然村
#在来野菜を買える店
#雲仙たねの自然農園
#岩崎政利
#大根の間引き菜
#晩生あぶら菜
#宮内菜
#じゃが芋西豊
#黒田5寸人参
#四季穫キャベツ
#紅芯大根
#ちりめんケール
#雲仙こぶ高菜花芽
#昔ブロッコリー
#九条太ねぎ
#大根葉
posted by 自然村 at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜