2021年09月21日

佐渡の古澤さんの露地原木舞茸

お待ちかねの方も多いと思います。

佐渡の古澤さんの露地原木舞茸が届きます。

秋茄子もたくさんあるし、
栗もあるし、
里芋もあるし、
露地原木舞茸も届くし、
肴豆は明後日届くし、
澤登さんの葡萄はあるし、
りんごはあるし、
坂出金時はあるし、

秋の気配に満ちた自然村です。

昨日の夕暮れは店の前の道の坂の真上に太陽が光の矢を放って、空気がオレンジ色に染まりました。
夜は、ほぼ満月に見える月が煌々と輝いていました。
今朝は半袖では肌寒いと感じました。日中、陽が差して暑くは感じますが、風は秋です。
今のお天気なら中秋の名月は多分見られるでしょう。

中秋の名月は芋名月 甚五右ヱ門芋始まる

山形県真室川 伝承野菜 甚五右ヱ門芋
室町時代から佐藤家だけに伝わる家宝芋
里芋です。
9月21日 甚五右ヱ門門芋 (2).jpg

他に類をみないきめ細かな粘りの強い、そして甘みを感じる風雅な味わいの里芋です。
緑の色がある芋がありますが、硬くありません。
これも甚五右ヱ門芋の特徴の一つです。

今夜は、十五夜 中秋の名月です。満月
芋名月ともいわれます。
団子、すすき、里芋、秋の果物などお供えします。

丁度その日に届くなんて!!最高に嬉しいです。

自然村で販売する里芋の一番初めは、甚五右ヱ門芋と決めています。
そのくらい、みなさんに食べていただきたい在来の里芋です。

無農薬・無化学肥料栽培。
室町時代から種を繋ぎ守られてきた里芋です。

同じく、真室川在来のいんげん 弥四郎ささぎも柔らかく歯に触らず、甘味のある風雅な味わいです。
美味しいだけで表現できない、風雅な味わいであるということは私にとって大事なことの一つです。

いよいよ明後日は、宝のように思っている肴豆が届きます。
大切に思っているものたちで店の中はいっぱいになります。


#自然村
#真室川伝承野菜
#甚五右ヱ門芋
#室町時代
#中秋の名月
#芋名月
#里芋をお供え
posted by 自然村 at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜