2021年11月12日

マヌーカハニー新蜜入荷

ニュージーランド マウンテンバレイ養蜂場のマヌーカ蜂蜜の新蜜が日本に到着、入荷しました。
昨年の春(ニュージーランドの)に蜂が集め、一年の間巣箱の中で熟成した蜂蜜を瓶に詰めました。
            11月10日マヌーカ新蜜.jpg

最近、蜂蜜から発がん性のある除草剤成分グリホサートが検出されているというニュースを聞いたことがあると思います。
しばらく前までTVのコマーシャルで「根こそぎ!」とやっていたラウンドアップが代表的です。
ホームセンター、園芸店で売られていて、農家だけでなく、街路樹、公園など公共の場、普通に家庭の除草に使われています。
アメリカで、この成分によって悪性リンパ腫になったと薬品会社を訴え、認められたのです。
世界各地で同じような訴訟が起きているそうです。

輸入元のぱかばあるさんから、除草剤グリフホサートの残留検査の結果を送ってもらいました。
結果は不検出。安心してお召し上がりいただけます。

マウンテンバレイ養蜂場は海と入り江にかこまれ周囲には民家も牧場もない自然の中にあります。

除草剤グリホサートの問題について分かりやすい説明の冊子を配布しています。1冊¥440
11月12日くさぬきよいしょ (2).jpg
            11月12日草抜きよいしょ一部 (2).jpg
除草剤を含めて無農薬栽培の作物を選択し食べることは、ご自身や家族の健康を守ると同時に、そこに生きる生物を守り未来を汚染しないという選択になります。

#自然村
#武蔵関駅前商店街
#自然食品店
#あぱかばあるマヌーカハニー
#グリホサート不検出
#グリフホサート悪性リンパ腫
#くさぬきよいしょ

本日の入荷情報

本日もたくさんの多様性あふれる野菜でモリモリです。11月12日 (2).jpg

雲仙たねの自然農園 岩崎政利さんの野菜は
じゃが芋、玉ねぎ、人参、黒田5寸人隠間引き菜、中葉春菊、赤水菜、長崎赤かぶ、冬瓜、里芋、鶴首南瓜
そして、なんとなんと!江戸川いんげんが入っていたのでびっくり!
今週のお便りは「恵みの雨」9月20日頃の雨以来11月7日まで全く降らなかった雨。干ばつがテーマです。8日の雨によって土の中で種子の芽が動き始めたそうです。11月12日岩崎干ばつ (2).jpg

福岡 池松さんは、
かつお菜、小松菜、水菜、中国チンゲン菜、津田かぶです。
            11月12日池松葉物 (2).jpg
池松さんの野菜は池松さんそのもののような出来栄えですね。同じ品種の種を蒔いても育てる人になってしまうのかな〜と野菜を前にして思います。
岩崎さんもそう。佐久間さんもそう。橋本さんも、高橋さんも・・・そう。
品種や農法だけではなく「人」
そういうことが伝わってくる野菜こそ、私らのような店が存在する意味を成り立たせていると思いました。


青森の渋谷さんのりんご ふじが届きました。11月12日ふじ (2).jpg
10月21日の雹に当たって皮に黒いところがありますが、皮を薄く剥けばなんともありません。
ご理解いただきますようお願いいたします。
希釈した食酢を散布したのみ。無農薬無施肥のりんごです。

週末のお楽しみ、アオティアのシュークリームもありますよるんるん
posted by 自然村 at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

孟宗竹のお箸

箸遣いが上手になるお箸!
えあまさんの口に入れても安全な自然塗料を塗った孟宗竹のお箸、
品切れしていた色が届きました。
ピーチ・メロン・ソーダと名付けられた3色です。

そこに、黄色の水玉が描かれるだけで軽やかで楽しい印象になるのですから不思議なものです。
今まで、大人サイズのみ「たまゆら」と名付けられたものがありましたが、
16.5pの幼子サイズにも「たまゆら」があったら喜ばれると要望しておりました。
そうしたら、作ってくださったのですね。11月12日えあま (2).jpg
今回は、ピーチ、ソーダの2色です。

もうひとつ新登場は漆塗りのお箸。新登場でなく再登場です。
           11月12日漆箸 (2).jpg
ただ、以前の奥久慈産の漆遣いでなく(残念ですが)、えあまさんが品質を認めた中国産の上質な漆を使っております。
身近に漆の生活道具を持つ一歩として良いのではないでしょうか。漆は熱、冷、水に強く耐久性があります。