2021年11月15日

うむ農園さん 生落花生も

みなさまお待ちかねの うむ農園さん、無施肥無農薬栽培の生落花生は明日掘り上げて、明日出荷か明後日出荷してくださいます。
生の落花生、茹で落花生は手が止まらない美味しさですよ〜るんるん
そんな打ち合わせもしてきました。

丹波市へ うむ農園さんに会いに行ってきました。11月14日うむ農園さん (2).jpg

お土産にいただいたホーリーバジルのリース。11月14日ホーリーバジルリース (2).jpg
持ち歩いているうちに葉っぱは萎れてうなだれてしまいましたが、
マスクをしていてもホーリーバジルの清冽な香りが匂うのですよexclamation×2
完全にコロナウイルス除けお守りだと思いながら気持ちよく持ち歩いてました。ハートたち(複数ハート)
乾燥したらお茶にすると教えてくださいました。

奥さんはアロマの教室をしていたそうです。11月14日精油蒸留器具 (2).jpg
自分で育てたハーブを蒸留して精油を作っていらっしゃいます。

民家を自分たちで修復して住んでいらっしゃいます。薪ストーブで暖かい室内でお話を伺いました。
例えば、これは珍しい黒小麦。11月14日黒小麦 (2).jpg
いただいた黒小麦を撒いて、少しづつ増やしておられます。餃子の皮に入れると美味しいそうです。何年か経って増えたら、黒小麦をいただけるかもしれません。

店で販売しているうむ農園さんの薄力小麦、エジマジンリキは、明治時代にエジマとジンンリキを交配させてできた古い小麦だとか。全粒薄力でベージュ色をしており、サラサラとした薄力粉です。クッキーやケーキに使います。

穏やかな暖かい日の丹波黒豆の畑の様子です。11月14日黒豆の畑2.jpg
全て収穫が終わっています。
細い川沿いに桜の木があります。春の景色見事でしょうね。11月14日黒豆の畑.jpg

丹波栗の木 11月14日栗の木.jpg
大粒の見事な栗でした。来年もお楽しみにしてください。

うむ農園さんでは、丹波黒豆はほとんどは枝豆として販売し、残ったものを、来年用の種と乾燥豆の販売にしています。ハウスの中で乾燥と追熟中です。11月14日黒豆 乾燥中 (2).jpg
この中のどれかの豆が店に届くんだな〜という気持ちで眺めました。
自然村では、うむ農園さんの自家採種・無施肥無農薬・マルチ不使用栽培 乾燥丹波黒を販売します。

トラックの荷台にあった豆は黒千石です。11月14日.jpg
下茹でなしでもお米と炊き上げると赤紫に染まった美しく美味しい豆ご飯になります。アレルギーガンに良いよ言われる成分を多く含んでいるそうです。黒千石もいただくお願いをしてきました。

ところで、なんとまあ、ご主人は上石神井の高校に通っていたそうです。わーい(嬉しい顔)

この後、大阪府吹田の三島独活の生産者である中井さんを訪ねるのですが、
なんとまあ、来週、澤登さんの息子さんが中井さんを訪問するそうです。びっくり!目息子さんは大学院で独活の研究をしていて、「電熱を使わないで作っている独活がある」ということを聞き及んで問い合わせて来たそうです。
世間は狭い。人の繋がりは網の目の様。以上余談でしたが驚いたお話です。













posted by 自然村 at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 生産・製造者紹介

加藤さんのみかん

熊本の加藤誠さんと典子さんの蜜柑が届きましたexclamation×2

全くの無施肥無農薬の蜜柑です。11月15日加藤さん蜜柑.jpg

昔々、訪問した加藤さんの蜜柑山は他のみかん畑とは全く違った姿でした。
みかん畑に至る道は木々に囲まれ、わくわくする小道でした。木々に囲まれた畑はみかん一色の畑でなく、甘夏や他の柑橘があり、ねむの木があり、鳥が運んできた木々があり、下草が生えていました。

誠さんがお亡くなりになって、典子さんひとりの働きではなかなか手を入れられないので、採れる蜜柑の量は少なくなってきました。
しかし、この蜜柑を待っている人たちは大勢います。

蜜柑の箱の中に入れられたお便り
「今年もみかんの季節となりました。何とかみかんの木を枯らさないように、やっています。けれど、山の中にみかんの木がぽつぽつあり、その下に草原が広がっている感じは、年々強まっています。でも、山仕事はほんとうに気持ちのいい仕事と思っています。ありがとうございました。
11/12 加藤」

おやつに!

渋谷さんのりんごふじ、とっても美味しい!と喜んでいただいています。
季節の果物の代表格はやはり林檎かしら。
ベッカライヨナタンの季節の焼き菓子アップルパイOZABUが入荷しました。
           11月15日OZABU.jpg
予約外の販売もしています。るんるん

どんぐりが沢山落ちていて足の下で割れる音がします。
ぽとんと落ちる木の実も秋・初冬の恵みのひとつ。
ラパンノアールくろうさぎの季節の焼き菓子木の実のタルトも!11月15日 (2).jpg

私たちのお茶のお楽しみは試食を兼ねて木の実のタルトとアウトオブアフリカの木の実でした。
           11月15日木の実のタルト.jpg
          11月15日アウトブアフリカミクス (2).jpg