2022年01月07日

みかんジュース

愛媛県 内子から
自然栽培温州みかんジュースが届きました。1月7日みかんじゅーす.jpg

昨年試飲してから、みなさまに届けたいと心に温めていたジュースです。

「自然栽培みかんジュース  
20年以上、農薬不使用、化学肥料はもちろん、有機肥料も入れていない自然栽培です。
愛媛県は伊予市の谷間で育ったみかんを搾ったみかんジュースは、甘すぎずさっぱりとしているのにコクがある力強い味です。
一般のみかんジュースの搾汁方法はプレス式ですが、依頼している工場ではブラシで搾汁しており、ジュースに残る果肉の量が多いため、トロリと濃厚な口当たりです。
火入れは釜に充填して80度で10分から15分、じっくり火入れをしています。」
生産者のはるちん農園さんのみかん畑の様子です。1月7日はるちん農園みかん畑.jpg
            1月7日はるちん農園みかん畑2.jpg



湯たんぽ 人間っていいな

昨夜、この冬、初湯たんぽを入れました。1月7日湯たんぽ (2).jpg
娘の布団には陶器の湯たんぽ、私は銅の湯たんぽです。
夫は?暑がりなのでなしです。

湯たんぽを入れた布団に入ってテレビ見ながら「湯たんぽ最強!こたつみたいだね。」と大喜び。エアコンもヒーターも使わないでもぬくぬくでした。
しっとり湿り気のある熱が身体に馴染む熱なんでしょうね。
外は雪景色。周りに木々が多くあるので森に囲まれている気分を味わいながらぬくぬくのいい夜でした。

昨日は雪なので私は二足早く帰宅しました。ストーブで暖まってからゆっくり晩御飯を作りました。
飯田さんの里芋に、残っていた半分のこんにゃく、残っていた蓮根、水に戻して残っていた干椎茸。
「いつものだし粉」をたっぷり入れて含め煮し、砂糖・塩・醤油で煮ました。良く火が通った頃に、ぐるめくにひろの豚肉を少しと茹でいんげんを入れて火を通しました。
白菜、人参・えのき・水菜・油揚げ・卵の雑炊が出来上がった頃に娘が帰ってきました。

ほかほかの煮物とあつあつの雑炊を、特に煮物を大変喜んでくれました。

帰ったらあったかいご飯があるっていいよね。
ふたりで日本昔話のエンディング曲「にんげんていいな」の一節を思い出しました。
いいないいな にんげんていいな おいしいおやつに ほかほかごはん
こどものかえりを まってるんだろな〜


#自然村
#東京の雪
#湯たんぽ
posted by 自然村 at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)