2022年05月09日

新型コロナ感染自粛の影響で
2年間、行かれなかった間に、上野さんちの森は麦畑になっていました。
            5月8日上野さん小麦の花.jpg

その畦に雑草が気持ちよく繁っていて、蓬がふわふわと若緑と銀色の葉裏を見せています。
上野さんに了解を得て、帰りに蓬摘みしました。
ダンボールいっぱいに。5月8日よもぎ.jpg

蓬茶を飲みました。美味しいです。
今、店主はせっせと洗った葉を茎から切り取っています。
バックヤードはいい香りです。
今夜は蓬風呂にします。
posted by 自然村 at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

開店記念日

5月9日は当店の開店記念日です。
24年間が過ぎて25年目にはいります。
開店のころ、いつもタオルを持ってお母さんについてきていた次郎君は25歳もうすぐ26歳になるそうです。
たった今、「また明日来るからね」といってマヨネーズお買い上げのお客さんも開店当初からのお客さんです。
古くからのお客さん、新しく来てくださっているお客さん、みなさま、心から感謝申し上げます。
30周年を迎えられるように努めます。気の緩むこともありがちな二人ですが、
時々反省しながら一歩でも前進と、進化と深化して、みなさまに喜んでいただけるようにしようと思います。
これからもよろしくお願いします。


菊乃井本店さんで記念日のことをお伝えしていました。
お赤飯と紅白なます、菖蒲酒で祝っていただきました。
              5月3日祝い赤飯 菖蒲酒 (2).jpg

            5月3日鯛めし (2).jpg
ご飯は木の芽のたっぷりの鯛飯でしたが、お腹がはちきれそうでしたので、せっかくの炊き立てを三口ほどいただいて、残りは折り詰め記していただきました。
それですが・・・
デザートの水物は、いっぱいの苺と苺ソースのアイスクリームでした。
            5月3日菊乃井本店苺アイス (2).jpg            
店主は食べられないといって、私に食べていいよと言ったので2人分頂きました〜わーい(嬉しい顔)
別腹というのは本当のことですね。わーい(嬉しい顔)

竹村慎一さんの私の可愛い苺は本日も入荷しています。
今週は、月・水・金です。
苺のタワーのアイスクリームまた食べたい。苺ソースも作らないとな。
posted by 自然村 at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

上野長一さん

            5月8日コシヒカリの田.jpg
コシヒカリの苗は順調に、良い苗が育っています。5月8日コシヒカリ苗.jpg
上野さんが「この風景を見るのは至福の時」とおっしゃっていました。

畦道に籾が撒いてありました。5月8日雀のご飯.jpg
「雀の眼がこちらに向くように思って撒いたんだ」とおっしゃるので訳をお聞きしました。
こしひかりもパレットに種籾を播いて田に置くと、3重にシートと網をかけておきます。発芽するとどかすのですが、雀が籾を食べにくるそうです。
そこで、畦道に籾を播いて眼を向けさせようという工夫です。
種子消毒もない種からオーガニックのレストランです。

上野さんのお米の粥と岩崎政利さんの人参を離乳食にしているお母さんがいます。
このお粥と人参だとにっこりして食べてくれるのだそうです。
posted by 自然村 at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

米の種継 種まき

上野長一さんのお米の種まきのお手伝いに行ってきました。
今年は660品種の種まきです。5月8日上野さん種まき始まり.jpg
             5月8日上野さんたち.jpg
もうお馴染みの宇都宮大学名誉教授の水谷先生、元宇都宮大学学生さんで上野さんの田で蛙の研究をしていた方たち、農業仲間のみなさんと種まきしました。

土をいれた苺パックに、品種ごとに浸水しておいた穂を切って土をかぶせていきます。
             5月8日パックに種まき.jpg
品種によって籾の大きさ形、色、ノゲの長さ色が違います。穂の持ち重りも違っています。実の付き方も違います。
           5月8日ささしぐれ (2).jpg
ササシグレは粒が大きく脱粒しやすいんだと知りました。
神社のお米もあります。
どの籾も発芽して、一粒万倍に米を稔らせたいと願っているように思えました。

種まきしたパックは、田に運び、発芽を待ちます。
            5月8日660品種の種まき.jpg
            5月8日種まきパックを田んぼに.jpg
            5月8日苗代水やり.jpg
            5月8日苗代水入れ.jpg
無事に発芽し、丈夫な苗になりますように。
6月田植えです。

ひとつ大事なことを言い忘れていました。
この種まきの前に上野さんの貴い労働が山のように行われているということです。
次の田植えまでの間も毎日の見回り、水の管理、草の管理などの労働があります。
posted by 自然村 at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)