2022年06月28日

梅雨明け 猛暑 酷暑 節電だ! 鰻も!

一か月近くも早い梅雨明けにびっくり。まだ6月なのにね。
いきなりの猛暑、炎天、。木陰の有難さをつくづく感じます。
今年の土用の丑の日は7月23日(土)です。
」の付く食べ物を食べて暑い夏を乗り切ろうということですが、お好きな方は、もう「う」のつくうなぎを食べたい!という暑さ蒸し暑さですね。
そう思って、すでに四万十の加持養鰻場のうなぎ蒲焼を販売しています。¥2484
冷凍ケースを覗いてみてください。

            6月28日唸後蒲焼 (2).jpg

今年も折り返し。残り半年を元気に楽しく、明るく、口を大きく開けて笑って過ごしたいものです。

毎年恒例、
夏のスタミナ食!
うなぎのご案内と、予約注文承りを始めています。

高知県の清流四万十川の河口で一匹づつ漁獲したシラス(稚魚)を四万十川の支流の伏流水を入れた養鰻場で
薬剤を一切使わず、1年以上かけて育てたうなぎです。
食べ応えのあるぷりんとした締まった肉のうなぎです。


蒲焼は普通サイズ約120g¥2484と、特別サイズ約160g¥2754があります。
白焼き約120g¥2322
この時期は特別サイズが大人気exclamation×2です。

うなぎの肝60g¥367、島根県宍道湖の大和しじみ454も身が大きく、生臭くなく、大変美味しいです。

それぞれ冷凍品で賞味期限は十分ありますので、夏中のスタミナ食に、
手軽に食べられる緊急食にストックもお勧めです。わーい(嬉しい顔)

土用の丑の日7月23日(土)に食べたい方は最終締め切り7月16日(土)までに予約してください。
7月22日(金)に御渡し可能です。
それ以前に欲しい方は、一週間の余裕をもってご注文ください。

車(RV)地方発送も出来ます。ご実家のご両親に贈り物にいかがでしょう。プレゼント

たくさんのご注文をお待ちしています。

今年の梅仕事

ハネダシした梅、半端になった梅で
今年の梅仕事は全て娘がしてくれました。
粒のまま漬けた梅シロップの他に、
カットして作る超簡単最速のシロップ作り。淋州を使いました。
           6月28日完熟梅淋州のシロップ (2).jpgこれから果肉もつぶし濾し入れます。

念願のアチャールもできました。アチャール6月28日レモン梅 (2).jpg
沼津のレモンと西北さんの梅を使って、料理研究家冬木れいさんの「整う一皿 レモンのアチャール」のレシピで作りました。
             6月28日アチャール (2).jpg
レモンの皮の美味しさと爽やかな酸味、梅のトロっとした果肉の酸味がミックスです。
美味しいです。
「ブラウンマスタードシードの香りがいい」と娘が言いますが、
私にはぴちっとした食感は分かりますが、香りが分からず?という顔をしてました。
丁度、ひよこ豆のカレーを作ってくれていたので、出来立てのアチャールを添えて食べました。

このほかに、昨年漬けて干し上げていない瓶に入ったままの梅漬けを干してくれるそうです。
有難いです。もう、灼熱の炎天ですもんね。
posted by 自然村 at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)