2024年04月11日

春極みのもまれ牡蠣

店売りはしますが、
生食可でも加熱用でもどちらでもよい、確実に欲しい!!
場合は、4月20日までに注文をお願いします。

昨年12月から始まって3月末まで多くの方に食べていただいた
唐桑半島のもまれ牡蠣。一旦お休みいたしましたが、
いよいよ今シーズン最後のご案内をいたします。3月7日もまれ牡蠣.jpg
春 極みの牡蠣 300g¥1680
4月18日(木)入荷予定
生産者の作業都合により4月25日(木)に変更になりました。

漁師さんや地元の人達は知っている。
5月の産卵を前に、栄養を蓄え、さらにプリっと太り、益々甘みを増す牡蠣の味を。
「春 極牡蠣」とも「花見牡蠣」とも「完熟牡蠣」とも、様々な名前を付け、楽しみにしていらっしゃいます。

この美味しさを教えてもらってから、
お客さんにも食べてもらいたいと、春牡蠣を販売しています。

生食可か加熱用かは間際にならないと分かりません。
どちらでもよいという方は是非ご注文下さい。
お待ちしています。

店売り分も用意しますが、せっかくお越しいただいたのに売り切れていることも度々あります。
予約していただきますと確実ですし、注文数の見込みが付きますので、有難いです。
これで12月まで絶品の牡蠣は食べられないのですから。
予約は店頭で、電話03−5927−7787 、メールtane@sizenmura.jpへどうぞ。
posted by 自然村 at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

あまどころ 地葱

昨日の夜にあまどころ.jpg  地葱.jpg
真室川 地ねぎのぬた
天然山菜あまどころのお浸し

店主、酒の肴に喜んでました。
           地葱のぬた.jpg
酢味噌は藤原みそこうじ店の白みそに
有機純米酢老梅を少し混ぜるだけで美味しい。


           アマドコロのお浸し.jpg
あまどころのシャキシャキ食感と甘さとほろ苦さが酒の肴に「合う!」と、酒を全く飲まない私でも判りました!٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

昨日あまどころを買ってくださったお客さんは、天婦羅にしたそうです。葉の先がほろ苦さがあって、小学生のお孫さんが
「美味しい」と食べて下さったそうです。苦みのあるのが好きな小学生。凄い!


野菜、山菜の苦みは冬の間溜まった毒素を排出してくれると聞きます。
苦みのある春の野菜、山菜
自然の恵みは偉大ですね。人間も自然です。
posted by 自然村 at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

筍と蕨

今朝も、昨日茹で筍を買って下した方からすれ違いざまに「筍美味しかったです!」と声を掛けて頂きました。

松熊さんの絶品筍、
今シーズン最後の筍が届きました。
只今、2本目ございます。
お取り置き出来るのでご連絡下さい。
茹でて欲しい方もご連絡下さい。明日朝にはお渡し可能です。

           予約品たけのこ.jpg
小さめ2本、大きいもの2本は発送のご依頼の筍。中2本は茹でて明日お渡しの筍です。


沼津の高橋さんが採取してくれた蕨です。蕨.jpg
今やなかなか入手できない灰付きです。
蕨の灰汁抜きは超簡単。
ボールか鍋に蕨を並べて、灰を塗す。
熱湯を被るくらい入れて蓋をし、一晩ほど置いておく。
灰を洗い流して綺麗な水に浸けておく。
もうこれで、食べやすい長さに切って、
めんつゆ使って良いのでお浸しで食べられます。

タイコウの本枯節花くらべを掛けたら最高です。

勿論、煮物や炊き込みご飯も美味しいです。
包丁で叩いて、とろとろにして食べるのもいいです。手作り味噌を味付けに一緒に叩くといいし、山椒の葉、又はおろしにんにくと一緒に叩くのも良いです。

水溶性食物繊維が豊富です。
山菜入門初級編ですので、是非お試し下さい。


今年の枇杷は、

昨日、私の宝の枇杷が届きました。枇杷.jpg
予約をいただいている方々にお伝えします。
下記のような状況です。正品を一個ずつ食べてみて確かめるわけにもいかず
(食べたらなくなってしまう。わーい(嬉しい顔))困ってしまいました。
生産者さんの説明をお読みいただいてご判断ください。
予約をキャンセルでも結構です。よろしくお願いします。

毎回、試食用と輸送中に傷みが出た場合の代品を1箱送って下さいますので、
楽しみに食べました。
ところが、毎年のあの感動の味と違っているのです。
あれ?と思って次々に食べてみました。甘いのもありますが、いつもの濃い濃い甘さではなく、
少し薄いかな。
酸味のあるものもあります。

そこで、伝えにくいのですが伝えなくてはいけないと、
生産者さんにこのようなメールを送りました。

2度目のメールです。
先ほど差し上げた文章が
キツイ失礼な口調に聞こえたかもしれないと思って
気になってもう一度メールを差し上げます。
もし気を悪くなさっていたら御免なさい。

いつも
試食で頂く枇杷を食べてますが、
初回から大変甘く、感動していますので、
今日いただいた枇杷の味は??と思いながら次々と食べてみました。
甘味がいつもと違ったり、酸味があったり、
味が薄いものがあり、困惑したんです。
今までの天候の影響なのか、どうでしょうね。
後藤さんは食べてみていかがでしたでしょうか?

失礼な言い方になっているかもしれないと
思いますが、お許しください。



<生産者さんからの返信>

商品が無事届きましたようで安心しました。
率直なご感想大変感謝いたします!

正直生産者としても今年のビワは例年に比べるとばらつきが確かにあるかと思います。
いつもどおりのもあるのですが、たまに酸っぱいのもあってビクビクしながらの発送となっております。

原因として

@1、2月の高温で小さいうちに色づきが始まったこと。→屋久島といえどある程度の寒さに当たってじっくり熟して欲しいものです。
A3月から現在にかけてまるで梅雨のような天気で収穫のタイミングが週に一回しかなく
おまけに気温が高く、採り遅れた際に裂果してしまう→少し早採りにならざるを得ない

が考えられます。屋久島では現在ビワ農家が4軒ほど残ってますが、
例年ですと3月末よりまず「長崎早生」が無人市に出始めますが今年は3月頭より出始めておりました。
例年に比べて20日以上早い収穫時期ですのでやはり暖冬の影響だと思います。

私がビワ栽培始めてからずっとお取引してくださっているのでスグにいつもと違うのがお分かりになるのでしょうね。
期待してくださっていたのに添えなくて申し訳ございません。
しかしながら、今年度の気候には逆えず、粛々と収穫して発送させて頂いております。

そして本日最後の分の収穫を終えたところです。
(2014年の手帳を確認すると5/4が最終収穫日ですので、やはり早いですね)
ご必要であれば5箱は確約できませんが今週末の発送となりますが、キャンセルでも大丈夫です。
いかがいたしましょうか。
よろしくお願いいたします。