2017年01月19日

種の学校へのお誘い

なんと、3日後の間近の勉強会のお知らせです。


ピースシードからのお誘いです。私たちももちろん参加します。会場でお会いしたいです。

 「たねの学校特別編〜 The Seed HUB」のご案内

日本の自家採種に関連する動向の中で重要な役割を担ってきた方々による近況報告の場を、リレートーク形式の小さな勉強会として公開します。
どなたでも、ご参加いただけます。

経験の中で変容してゆく、たねと人間の関係から見えること、
積み重ねた時間の中で見えてきた日本でのたねのムーブメントのこれから、
そして、海外の事例とともに、たねと生物多様性について地球規模で話されていることなど、
幅広いテーマについてお話いただきます。

小さなたねの大きな世界は、みなさまの生の経験の内にも相似的に存在します。
多くの人々に影響を与えてきた先人たちが紡ぐ言葉は、
きっとSeed Consciousness(たねへの気づき)を目覚めさせてくれるでしょう!

会場は、クリエイティブに世界に違いを生み出す地球規模コミュニティーの一員、Impact HUB Tokyo。
お気軽にお越しください。

https://www.facebook.com/events/107064583138455/

【話者:50音順】
・岩崎政利さん(たねの自然農園) たねと生物多様性
・西川芳昭さん(龍谷大学経済学部教授) エチオピアから考える持続可能な種子のシステム
・古沢広祐さん(國學院大学経済学部教授) 生物多様性条約第13回締約国会議報告
※ 他にもスピーカーご登壇の可能性があります。

日時:2017年1月22日(日)13:30〜15:30(開場13:20)
場所:〒153-0063 HUB Tokyo 東京都目黒区目黒 2-11-3 印刷工場1階
会費:ラブオファー(愛の投げ銭)制度
問い合わせ/申し込み先:school(@)peaceseed.jp  ※(@)の()を取ってください。
担当窓口:ピースシード(浜口真理子)

【Impact HUB Tokyoとは】
Impact HUB Tokyoは、株式会社HUB
Tokyoが運営をする、社会的インパクトを生み出そうとする起業家やチェンジメーカーのコミュニティであり、欧州、北米、アジア、アフリカなど、世界約86箇所に存在し、のべ15,000人を超えるImpact
HUBネットワークの一員です。2013年2月の開設以降、現在、220名を超える起業家、スタートアップチーム、企業内起業家、NPOリーダー、フリーランス、アーティスト、エンジニアなどが集まるコミュニティへと成長し、メンバー間のコラボレーションを生み出しながら今なお拡大を続けています。
日本語版サイト http://hubtokyo.com/ English site: http://en.hubtokyo.com/
posted by 自然村 at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178458284

この記事へのトラックバック