2017年02月04日

佐久間さんの里芋

佐久間さんの里芋(土垂)、DSC05023.JPG
保育園さんに納品します。どんな料理になるのかな。土が付いて下準備が大変でしょうが、この土が里芋を育んだんですね。

店売り分もあります。

それから、みのわせ大根の切干大根を試食用にいただきました。
来週には販売できると思います。DSC05024.JPG

切干大根のお便り>を紹介します。
 よく乾いたこの時期は切干大根に、最適です。天然のフリーズドライ製法です。よく洗った大根をおろし金で細長くし、マッチ棒、3倍位の厚み、長さにします。それを網の上へ広げますと、撚る、凍り、日中解けて風で乾き、4日くらいで完成します。緑の葉の部分も分けて乾燥させます。冷たい水仕事なのですが、大根に触れていますと手がほてってきます。根物には体を温める効果があるからでしょうか。ご飯に相性の良い大根は、日本人にとって欠くことのできない野菜です。

ご家庭でも、残った大根を手軽に切干大根にすることができます。うちでもたくさん大根が残った時作ります。
posted by 自然村 at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178656102

この記事へのトラックバック