2017年02月23日

今週の岩崎政利さんの野菜と入荷情報

雲仙たねの自然農園からの野菜たち。
いっぱいに詰められた箱を開けて美しいな〜と感動して、それを伝えたくって写真をパチパチ撮りました。

岩崎ねぎ・ブロッコリー・日野菜のかぶ菜・赤水菜DSC05101.JPG

その下は、白菜・弘岡かぶ・雲仙赤紫大根・じゃが芋・キャベツDSC05102.JPG

雲仙赤紫大根の見事な赤紫色。黒田5寸人参DSC05105.JPG

ブロッコリーはF1ではありますが、柔らかく瑞々しく甘く最高に美味しいブロッコリーです。見事です。DSC05104.JPG
キャベツと白菜もF1ですが、30年以上無農薬の農業をしてきた岩崎さんの野菜の美味しさは半端ないです。

島大根。島大根も色形は様々です。DSC05106.JPG
生でおろして大根らしい辛みと風味があり、首の方は甘さが十分。普通の大根と同じようにどんな料理でも使えます。
その特徴は、繊細さにあります。肌理が細かい。DSC05098.JPG
煮ると早くに火が通ります。DSC05099.JPG

今週のお便りは島大根のことでした。島大根の傍に置いておきますのでお手に取って読んでください。
一部を紹介します。
 メール収穫していくなかで、桜島大根の葉によく似ています。
 そのためか。この大根の最大のよさとは、とても生命力があることです。大根の仲間のなかでも真冬の寒さに対しても肩のとろけも少なく感じます。実は、今わたしの農園における種採りの目的を、種の生命力に置いています。自然種子の育成とは、自然農法の到達の中でとても大切なことで、種によっても農法が確立されていくと確信しているからです。
今わたしの農園の大根の中で、平家大根とこの島大根は一番に生命力が高いものです。有機的な肥料をあまり必要としない種とは、種により生命を与えていく、種採りから見えたものは、種を育てると葉、すばらしい農法でもあったものです。メール

明日は、好評完売していました青まぜ海苔・杉山ナッツのバターピーナッツ(ロースト仕立て)やポラン広場から美味しいものたち、想いやり生乳
明後日は、佐久間さんからブロッコリー・里芋・人参、みのわせ大根の切干大根が届きます。

3月にかけて益々味が濃く一年で一番美味しい旬を迎える唐桑の生牡蠣も届いています。

【在来種・自家採種の野菜の最新記事】
posted by 自然村 at 19:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜
この記事へのコメント
F1って何ですか?
Posted by apricot at 2017年02月25日 10:13
F1品種というのでネット検索すると出てきます。

「野口のタネ」も検索してみてください。

店にも資料があるので差しあげますね。
Posted by 自然村 at 2017年02月25日 11:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178878469

この記事へのトラックバック