2017年05月08日

上野長一さん

5月5日 宇都宮大学 農村生態工学研究室のみなさんとご一緒に、上野長一さんの580品種の種籾播きをしました。
こうして学生さんたちの手伝いが入る以前は上野さん一人でしてきた作業です。
田つくり、種まき、田植え、手入れ、品種ごとの手刈り、保存の整理などなど膨大な作業をひとりで続けてこられています。
私共はイベントのように参加して楽しむだけですが、奥様のお話では、上野さんは一年中お米作りに関わる仕事を何かしらしているそうです。

580品種のお米を毎年更新していくことは全くお金に結びつくことではありません。上野さんの元に集まってきたお米たちは上野さんにとって何であるか、いつかじっくりお聞きしたいものです。

1週間ほどかけて発芽させた籾です。DSC05542.JPG
苺パックに1品種ごとに籾を播いていきます。この土も上野さんが作った土です。

脱粒しやすい品種、穂のままの品種、一部脱粒しているもの、ノゲが長いもの、ノゲのないもの、
粒が大きいもの、小さいもの。品種が同じでものげのあるものとないものがあります。
タグには誰に譲られたのかもしっかりと書かれています。
同じ品種の種もありますが、くれた人ごとに1品種として大事にしています。
DSC05546.JPG
           DSC05547.JPG
          DSC05548.JPG           
DSC05549.JPG
          DSC05550.JPG
           DSC05551.JPG
           DSC05553.JPG
           DSC05554.JPG

播いたパックを田んぼに運びます。現代ではハウスで苗を育てることが主流です。中には苗を購入する人もいます。上野さんは昔ながらに水田に苗代を作っています。DSC05560.JPG

鳥よけのネットを張って、DSC05563.JPG
保温シートをかぶせてDSC05564.JPG
水を入れます。DSC05565.JPG

苗が育って、6月11日頃に田植えになりそうです。この苗は手植えします。

自然村のお客さんに食べていただいているこしひかりと農林48号の苗代です。DSC05555.JPG

いろいろ米の苗代です。DSC05557.JPGDSC05556.JPG

いろいろ米 宝石とうもろこしみたいでしょぴかぴか(新しい)DSC04810.JPG


愛のある食べ物
【商品紹介(野菜・果物・米・たまご)の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179681502

この記事へのトラックバック