2017年05月15日

天然山菜

明日 届きます新潟の天然山菜は、

うるいは残念ながらすでに葉が開いておりとることができませんでした。
それからフキノトウについても申し訳ありませんが1パック分しかとれませんでした。

想定していた道路が封鎖されていて山道を往復10km歩いたり、フキノトウが乱獲されていたり、
途中で予想外な集中豪雨に見舞われるなどアクシデントが度重なり、
その他にも事前にお伝えしていたものの採ることができない山菜がいくつかあります。

最終的に採れた山菜ですが、

山ウド10
コシアブラ10
タラの芽7
ミズ7
赤コゴミ5
フキノトウ1
山竹の子1

またお客様からの嬉しいご報告ありがとうございます。
市販のうるいは基本的に栽培した「野菜」なので、
天然物のあのぬるっとした独特の味わいはなくなっていますよね。
他の山菜にしても天然物だからこそのアクの強さやヌメリがあります。
本物の山菜の味を少しでも多く知っていただく機会を自然村様からおつくりいただき
とてもありがたく思っております。

先日、こごみを買って下さったお客様がコメントと写真を送ってくださいました。
先日買った山菜ですが、天ぷらはハードルが高いので、小麦粉を軽くまぶして揚げてみました。とてもおいしかったです。urakawasann.jpg

ミズは楽しみにしていた山菜です。といっても私は1回くらいしか食べたことがないのですが。
Eテレのやまと尼寺精進日記という番組に嵌りました。2人の尼さんとお手伝いの女性が周囲で獲れたり村の人からいただく季節の恵みを手間を惜しまず料理する、ころころころころ笑いながら食材を集め料理する。
先回、副住職さんが、大きなすり鉢を足で抱え、茹でて刻んだミズをトロトロに摺って、自家製味噌を入れていました。出来上がったミズのとろろは勿論おいしそうでしたが、足で抱えて摺っている姿がとてもよかったわーい(嬉しい顔)
あれを真似してみたいもんです。わーい(嬉しい顔)
【在来種・自家採種の野菜の最新記事】
posted by 自然村 at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179750654

この記事へのトラックバック