2017年06月08日

らっきょう漬け

飯田さんの今年のらっきょうDSC05684.JPG

らっきょうの時期になるときっと毎年、想うと思う人がいる。
開店以来のお客様Mさん。昨年、天に召されました。

毎年、何度からっきょうの甘酢漬けを小瓶に入れてくださった。
「ここのらっきょう、ここのお酢、ここの洗糖で漬けたからね。」
          marusigesannnorakkyou.JPG
飴色のつややかな色。かりかり食感がとってもいい
甘酢の加減も私、大好きでした。おやつのようについ手がのびてしまう。

それは、秋や冬になってもカリカリの歯ざわりでした。
お世辞じゃなくこれ以上のらっきょう漬けは食べたことありません。

作り方をお尋ねしたら、
あなたと健康社のこの本の作り方で、ちょっと甘酢の加減はオリジナルでしてるということでした。DSC05685.JPG
先ず、塩漬けをしてから、食べる分だけさっと干してそれから甘酢に漬ける方法。

毎年、毎年、らっきょうの季節になると、Mさんの思い出が蘇ると思います。
      
【商品紹介(野菜・果物・米・たまご)の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179980178

この記事へのトラックバック