2017年06月27日

出汁とり教室

7月2日(日)10〜14時、充実の出汁とり教室です。
まだ定員に余裕がありますのでお誘いいたします。
http://blog.sizenmura.jp/article/180095760.html

自然村はお昼ご飯は店主が作っています。味噌汁は大抵の日作るのですが、その度に店主がかつお節を削っています。DSC05754.JPG
            DSC05755.JPG
もっともちゃんと濾して出汁をとってから作るのでなく、鰹節をそのまま投入、そのまま全部食べるというのですけどね。

7月2日は参加のみなさんに鰹節を存分に削っていただきますよ。削りたての鰹節の味もお楽しみに。

何年か前に行った出汁とり教室に参加なさってから
ずっと昆布とタイコウの本枯節1本物を削って出汁をとり続けている方がいます。
ご夫妻とも働いているので、日曜日に一週間分の出汁を取って冷凍しておくそうです。
最近では旦那さんが取ってくれているそうです。そうしておくと、仕事で遅くなる時は、お子さんがご飯を炊いて(鍋で!)、出汁で味噌汁を作って弟に食べさせてくれるそうです。

生活の根っこがしっかり張った暮らしぶりが伺えます。きっとこれからの人生いろんなことがあって大きく揺れることがあってもきっと大丈夫、そんな気がします。
タイコウ稲葉泰三さんの出汁とり教室に参加してから
食の中心にお出汁を据え続けた女性のぶれない姿勢を素晴らしいと思うとともに、
ご家族の食の核ができたことは本当に素敵だと思っています。

稲葉さんは、おっしゃいます。
良いかつお節に、特別な技術はいりません
ほんの10分程で
だれでも、心落ち着く奥深い味に出会えます


だしとりを面倒だと思う人、是非、お越しくださいわーい(嬉しい顔)

posted by 自然村 at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | だしとり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180176345

この記事へのトラックバック