2017年07月22日

勘次郎きゅうり

宝石きゅうりと言いたい位です。ぴかぴか(新しい)

箱を開けて見て、ああ〜綺麗ぴかぴか(新しい)と声を上げました。
            勘次郎きゅうり.JPG
            DSC05858.JPG
実物の方が写真よりも数倍美しい色合いです。
へたの近くが綺麗で可愛い黄色。全体は白っぽい黄緑。
熟してくると全体が黄色ががってきます。
            勘次郎.JPG
さくさく食べると清らかな清水を飲んでいるような感じです。仄かな甘みもあります。きゅうりの香りが口に広がります。
このきゅうりをジュレにしている和菓子屋さんがあります。さもありなん。

名前をお知らせするのを忘れてました。
山形県真室川在来の勘次郎きゅうりです。

甚五右ヱ門芋の佐藤春樹さんに間を持っていただいて無農薬栽培の勘次郎きゅうりを送っていただきました。
無農薬栽培の勘次郎きゅうりは貴重品です。
お値段はきゅうりとしては張りますがこのような在来のきゅうりがあることを是非味わって知っていただきたいです。
勘次郎きゅうりは、約130年前に姉崎勘次郎さんに嫁いできたお嫁さんが実家から持ってきた種だそうです。生まれ育った故郷の懐かしい味を保ちながら、実家での年月よりも長い年月を重ねたきゅうり。
そんな物語に想いを馳せてみました

自然村にいろいろなきゅうりが並んでいます。
味も食感も香りも色形大きさもい・ろ・い・ろ
い・ろ・い・ろな食べ方
http://blog.sizenmura.jp/article/101428176.html
【在来種・自家採種の野菜の最新記事】
posted by 自然村 at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180415736

この記事へのトラックバック