2017年08月31日

無農薬メロン


長年、トルクメニスタンで乾燥地のメロン栽培の研究農業指導に携わってきた小川光さんが、
シルクロード トルクメニスタンの在来メロンと会津在来瓜を交配固定した
小川光さん独自のメロンが届きました。

今年はメロンの出来が大変良好で収穫最盛期を迎えています。糖度は最高20.2、平均でも17〜18で、これほどの年は今までありませんでした。

完全無農薬・無化学肥料栽培・自家採種・ハウス内無潅水のメロンです。
独特の皮の色模様です。どんな味でしょうね。お試しください。

小川光さんの説明を紹介します。
飯豊メロンDSC06215.JPG
縞がない大き目のものは「アナウ114」という系統で、最も糖度が高く18〜20あると思います。肉質が緻密で歯ごたえがとても気持ちよいです。
 縞がある方は「文武両道」という系統で、5kgになる大型品種ですが、たまたまこの果実は1.5kgほどでした。皮がやや厚めですが、果汁が多く糖度も18程度あり美味しいです。

才色兼備
DSC06218.JPG
香り専用品種の「夏の思い出」とアナウ114を交配固定した系統で、香りがよく、果肉が柔らかく、糖度は15〜16ですが甘みはかえって強く感じます。皮がとても薄く皮ごと食べられますが、果実によっては種子の周りのどろどろした部分に軽い苦みがある場合があるので、食べる時は種子を取り除いてからの方が良いと思います。

小川光さんは大いにユニークな方でありまして、メロンの名前もユニークですねわーい(嬉しい顔)

アナウ114系統メロン。糖度抜群といっても外見などから「?」と思われますよね〜
それで、このようなブログがありましたので紹介します。
るんるん
https://ameblo.jp/yumekino/entry-11224497380.html
【商品紹介(野菜・果物・米・たまご)の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180837194

この記事へのトラックバック