2017年09月01日

佐久間さん 自然農の畑

周辺にハウスがあって、かぶが栽培されています。この一帯はかぶの産地だそうです。広大な農地が広がっていますが今は土だけです。草も生えていませんね〜

その中にソルゴーの垣根(?)で囲って、一見原っぱのようなところがあります。DSC06135.JPG
でも、よく見ると、DSC06137.JPG
里芋 土垂れです。関東の土に適してぬめりのある美味しい里芋です。
ブログを読んでくださった佐久間さんから「土だれ里芋の写真ですが、あれは腐りかけのいもを畑に返し、芽を出したものと思います。植えたものとは違うと思います。」とメールが来ました。腐りかけの芋でも芽を出して。里芋の恩返しのような美味しい里芋が収穫できるといいですねハートたち(複数ハート)

エノコログサが風に輝いてエノコログサ栽培のようですが、沖縄南瓜が茂っています。共同生活中?南瓜は「お好きなようにおくつろぎください」と声掛けされているんでしょうか、お好きな方向へ蔓を伸ばしてます。DSC06142.JPG
            DSC06141.JPG

さつま芋が元気です。紅東と黄金千貫です。どちらも絶品のさつま芋です。DSC06140.JPG

自然農は何もしない放任農法ではありません。また自然農といって一括りではなく、その人、その畑で工夫があります。DSC06139.JPG
佐久間さんの右手は汐留ねぎの苗が植わっています。草マルチはしてありません。
佐久間さんを挟んで反対側に枯れ草がこんもり寄せてあります。それをめくると虫がそりゃあわんさかぞろぞろ大慌て。こうしてあるのはねぎの苗をダンゴ虫に食べられないようにするためだそうです。
ダンゴ虫は生も枯れ草も食べるそうです。

もう一か所の畑も見せていただきました。
気持ち良いです。DSC06143.JPG
DSC06149.JPG
 何が育っているか分かりますか?オクラDSC06146.JPG
真黒茄子DSC06147.JPG
寺島茄子の花DSC06148.JPG
寺島茄子は只今販売中です。美味しいです!
ピーマン、ししとう
ししとうは白い花が咲いてこれからのようです。           

もう1枚の畑も見学しました。トマトは花が咲いてこれから実をつけるようです。DSC06152.JPG
これはときわ地這いきゅうり。ずーっときゅうりを探しましたが葉が茂って上からでは見つけられません。下を覗いてみたら、DSC06154.JPG
これは、母本になるのかな〜?
地這いきゅうりは収穫に時間がかかるのがよく分かりました。ストレスフリーのきゅうりです。
佐久間さんのときわ地這いきゅうり、凄く凄くお勧めです。香り高く、咀嚼していると口の中で味わいが次々と変化し展開していきます。

佐久間さんは一般に慣行でも有機でも自然栽培でもする摘芯や枝を整えたりすることをしません。
どうしてでしょう。後でお聞きしようと思います。

ネットの中にはブロッコリーの小さな芽が出ています。お楽しみですね。DSC06155.JPG

6月の終わりに大きな雹が降りまして、葉に穴が開いたりしました。
春、発芽が上手くいかない事や虫に食べられたり、今年もいろいろなことが起きています。
そういうことも受けとめて、ゆっくりゆっくり自然に添って育つ野菜です。
いつも何かにせかされていると感じている人たちがこういう野菜を食べ続ければ、
「慌てなくて大丈夫、大丈夫」と身体の芯に語り掛けてくれるかもしれませんね。ハートたち(複数ハート)

実は、畑見学の前に田んぼの見学をしました。
次は田んぼ見学の報告をいたします。
【生産・製造者紹介の最新記事】
posted by 自然村 at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 生産・製造者紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180852277

この記事へのトラックバック