2017年09月07日

澤登さんの葡萄始まる!

不耕起草生栽培
完全無農薬栽培
化学肥料不使用
澤登さんの葡萄が今シーズンも始まりました。

栽培が難しいことから幻の葡萄といわれるオリンピアはその甘さから「ハチミツぶどう」ともいわれます。
1979年(昭和54年)第5回サミットでの参加首脳の晩餐会の食後のデザートに供されたのが
オリンピアだったそうです。
ですので、別名「サミットぶどう」DSC06240.JPG
澤登さんのオリンピアは栽培が難しく少産であるため、栽培当初以来、畑に積もる草のみで施肥は一切なされていません。

なんと糖度25度の小公子 DSC06239.JPG
アントシアニジンの含有が物凄く多いです。生ジュースに潰してごらんなさい。汲めども尽きない泉のように真紅の色が出てきます。。DSC04618.JPG
ジュースにして置いておくとピチッピチッと発酵してきます。
生ジュースを手づくりしたい方はご注文をお受けします。1袋約400gですので袋の数で注文してください。

小公子は、澤登晴雄氏、芳氏ご兄弟の日本の風土にあった葡萄酒を作りたいという夢の実現です。
ヒマラヤ原産の山葡萄と日本の山葡萄の交配によって10年以上の歳月を経て育種選抜に成功した貴重な葡萄です。
澤登さんの小公子は糖度が高く補糖せず、ワインになります。DSC06241.JPG720ml¥5500
飲んだ方々から力強い美味しい素晴らしいワインだと声をいただいています。

小公子を昔ながらの製法で作った贅沢なジュースは720ml¥3800
澱びきのみで濾過清澄化をしていません。

これから様々な多様で個性豊かな、そして、とびっきり美味しい葡萄が届きます。
それぞれの個性をお楽しみください。
一見は野の娘のようですがわーい(嬉しい顔)

プレゼントオリンピアを1袋入れて4袋はお任せの直送セットもご用意できます。
お問い合わせください。
【商品紹介(野菜・果物・米・たまご)の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180916949

この記事へのトラックバック