2017年10月28日

予約受付開始!

佐久間さんの無施肥、無農薬、おだかけ天日干しのもち米

神社仏閣のお供えにも使われる昭和30年代のもち米

神楽もち米予約受付を始めます。

玄米1kg¥1200 ご希望によって精米いたします。(白米・8分・7分・5分)
神楽もち米は粘りが強く甘味がありとても美味しいもち米です。
餅にしてよく、赤飯、おこわ、おはぎなども美味しくできます。

11月中旬に脱穀。お渡しいたします。

8月下旬にはこのような風景だった神楽もちの稲が、DSC06128.JPGDSC06126.JPG

太陽と水と土、風の力で豊かに実り、つい先日、収穫を迎えました。
             佐久間さん神楽餅2条刈.JPG

そして、おだかけ佐久間さん神楽餅おだかけ風景2.JPG
これから半月ほど太陽と風の力で乾燥し、その間にお米は熟成するといわれます。

天日干しと機械乾燥の米の食味は最近は乾燥機の性能が良くなって殆ど差はないと聞きました。
「ただ、籾を発芽させる時、天日干しの方が早く発芽します」と、さわのはなの生産者遠藤さんに教えていただきました。

8月下旬、干拓地を望んで先人の努力を偲んだ見晴台がDSC06123.JPG

向こうに見えます。佐久間さん神楽餅おだかけ風景1.JPG

ご注文は、メールshop@sizenmura.jp 又はFAX03−5927−7880
又は店頭でお申し込みください。
【商品紹介(野菜・果物・米・たまご)の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181413259

この記事へのトラックバック