2017年11月15日

あさくさ海苔と初卵

青見平の卵屋さんの卵DSC06549.JPG
雛が育って成鳥となり、初めて卵を産み始めて1か月間ほどの卵を  初卵 と呼びます。
初卵とそうでない卵の栄養価や味については客観的なものがあるわけではなさそうなのですが、
卵屋さんは「初めて産む卵は味が濃いような気がします」とおっしゃいます。

ともあれ、縁起物としてお見舞いや出産を控えた妊婦さんへの贈り物として喜んでいただけると思います。
一年中あるものでない卵ですし、鶏たちの初めて産み始めた初々しい卵を味わうのは楽しいものです。

新米のシーズンでありますので、
ほかほかに炊いたご飯にのせて、卵かけご飯はいかがでしょう。

せっかくの初卵ですので、醤油は伝統製法の醤油をたらり
初卵と新米のマリアージュを楽しんで一膳。
そして、おかわりは
卵かけご飯をちょっと醤油を付けた海苔でくるんと巻いてどうぞ〜るんるん
海苔は、今や絶滅危惧種の伊勢あさくさ海苔(無酸処理)10枚¥2000はいかがですか?
           あさくさのり.JPG
           伊勢あさくさのり.JPG             
口どけよく上品かつ深い旨味と格別な甘みがあります。
あさくさのり種70%以上の海苔です。この割合は他のあさくさ海苔と比較して高い比率です。
あさくさ海苔についての詳しいお話はhttp://blog.sizenmura.jp/article/179750208.html
【商品紹介(野菜・果物・米・たまご)の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181578785

この記事へのトラックバック