2017年12月14日

分かるかな〜

つむじ風が枯れ葉の独楽回しをしていた寒い朝。

北風吹きぬく寒い朝も飯田さんの野菜で暖かくなる〜るんるん
(私の年代なら分かるかもしれないわーい(嬉しい顔)

この3品種の菜っ葉、どれが何か分かりますか?DSC06822.JPG
左から後関芯とり菜、東京べかな、長崎白菜菜。
だったかな〜〜?
茎の所の色や幅、葉の葉脈の入り方、葉の形が微妙に違いますね。

大和真菜、小松菜、たけのこ白菜菜、宇奈根ネギ、いろいろかぶ、大蔵大根、源助大根、京芋、八つ頭、大野里芋、大和芋がたくさん。
そして、
本当に本当にこれで最後の春菊が沢山。
少し霜けた葉を取って揃えてくださいました。香りが高く美味しいです。これで最後なんです。

屋久島から八郎生姜の根生姜、安納芋も届きました。
新米のポンせん3種類もです。

以上、全て自家採種・無肥料無農薬です。(飯田さんは緑肥を使いましたが、自然栽培の人も緑肥を使いますのでこれから簡単に無肥料と表現します。)
posted by 自然村 at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181837501

この記事へのトラックバック