2018年02月12日

手づくり味噌材料 予約

あちこちから味噌作りの話題が聞こえてきます。
自然村でも既に、島根県やさか共同農場の有機米糀、有機玄米麹、有機麦麹の予約販売をしています。
有機麦麹1kg¥¥1390の予約最終締め切りは3月11日。注文からお渡しまで約2週間です。

そして、自然村オリジナル糀は、いつものように桜の花が咲くころ、
3月下旬のお渡しです。

自然村がお勧めする、
花仕込み 手前味噌作り材料予約受付ます!
麹菌の働きは麹菌の出す酵素によって、大豆に含まれる澱粉・タンパク質、油脂などの成分を分解することです。 
麹菌は15度以下では眠った状態です。自然村では麹菌が動き始める、花の咲くころからの味噌作りを提案しています。
桜の開花時期は地域で違いますし、甕を置く環境(温度)でも条件が変わってきますが、
「雑菌の少ない寒」にというのは「寒(勘)違い」のような・・。と考えますので、
東京で開花する時期を考えまして、今年は3月23日に麹をお渡しする予定です。
味噌は大量の塩が使われますので、中で雑菌が繁殖することはまずありません。

      
 そんなことを教えてくれた山形県白鷹町のすずき味噌店の鈴木徳則さんにお願いをして、当店で販売している山形の幻の米さわのはな(合鴨農法)をにしてもらいます。
          koujimurosuzuki.JPG
            この麹室で作られます
           koujisuzuki.JPG
           tokunori.JPG    
米の芯まで麹菌のまわった力強い麹になります。力強いというのは、酵素を出す力が強いということです。       

予約承ります 
       注文締切 3月7日
       入荷   3月23日(金)
    
(冷蔵庫で3週間OKですので、受取日を決めてください。)
 @玄米麹 1kg¥1500
 A米麹  1kg¥1390

お薦めの豆。在来種の豆を2種ご案内します。DSC06895.JPG
全て農薬不使用肥料不使用です。
B群馬県片品村在来大白大豆1kg¥1800 
自然農を営むセトヤマさんが自家採種し、育てた大白大豆。手選別し真珠のような粒ぞろいの黄大豆です。

C新潟在来肴豆1kg¥1800 9月下旬の1週間の短い期間のみ収穫販売する絶品枝豆肴豆の乾燥豆です。大粒の美しい緑の大豆です。甘みが強く味噌の仕上がりも大変美味しく好評です。限定数量。自家採種

番外ですが、北海道産、無農薬無化学肥料栽培の黒千石1kg¥2150もチャレンジしてみる価値のある豆です。
小さな黒豆で皮の中は緑色の大豆です。アレルギーやガン予防に効果があるといわれる成分が黒豆の中で一番あるという研究報告があります。
一昨年、黒千石で仕込んだお客様が、報告にいらっしゃいました。
先日2年越しに開けたのですが、香りが強く大変に美味しい味噌になりました。と。
熟成期間は長いですが、ハマる人にはハマる。味噌汁には万人受けはしないかもしれないが、
好きになる人は大好きという味噌です。
我が家では娘と私はとても美味しいと思う。店主は普通のがいいという。わーい(嬉しい顔)

お薦めの塩
E土佐の天日塩あまみ 500g¥1400
 黒潮洗う海の塩です。お日様と職人の技術の文字通り結晶です。食べて美味しい塩です。
F海の精赤ラベル(釜炊)500g¥1200
G海の精漬物塩1.5kg¥3000

仕込み甕のご案内 
常滑焼の甕です。美味しい味噌になります。   DSC04937 (1).JPG
新常滑焼 2号3.6L(麹・大豆各500g 目安)¥5000
     3号5.4L(各1kg 目安)¥6500
     5号9.0L(各2kg 目安)¥8000
     8号14,4L((各2.8kg目安)¥11000
新 落し蓋2号用1.0kg¥1200
     3号用1.5kg¥1400
     5号用2.2kg¥1980
     特大8号用3.5kg¥2800
*久松甕 切立甕1号1.8L 1個、 おふくろ甕4.4L 1個のみ在庫在ります。
*久松の甕はどこかにまだ売っているお店があると思いますが、新型常滑焼の甕も久松の技術を受け継いだ同同等の品質の甕です。しかし、この甕も作り手がいなくなる可能性もあります。久松の甕に拘らず、新型の甕もどうぞよろしく。

味噌作りのチラシを店頭で配布中です。
メールでのご注文は注文商品番号と品名と数量、
お名前・住所・電話番号
来店で引き取り又は発送かを明記してください。
たくさんのご注文をお待ちしています。
*表示価格は全て税抜本体価格です。


【商品紹介(調味料・農産加工品)の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182398161

この記事へのトラックバック