2018年02月17日

こぼれ梅

こぼれ梅を知ったのは
この本を読んででした。DSC06990.JPG
澪と野江を繋ぐ幼いころの思い出の味
そして、この後の展開の鍵となるこぼれ梅、みりん粕です。DSC06988.JPG

再読しています。
毎晩布団に入って読むのが楽しみですが、いつの間にか電気つけっぱなしで叱られてます。わーい(嬉しい顔)

角谷文次郎商店の有機みりん粕、昔ながらの木槽しぼりだそうです。
昔はそのまま女こどものおやつとして食べられていた。
紅茶とも合います。
お料理やお菓子作りのレシピ、参考になさってください。
http://www.mikawamirin.com/recipe_list.php?category_no=30


【商品紹介(調味料・農産加工品)の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182440294

この記事へのトラックバック