2018年06月05日

淋州

淋州は南北朝時代以前からの奈良西吉野在来の梅の品種です。

先ず、この白い花はみなさんよくご存じの南高梅の花です。DSC05211.JPG
当店では、梅酒用、梅干し用として販売しています。

そして、淋州はDSC05219.JPG
            DSC05218.JPG
写真がぼやけて、ちょっと残念ですが、
可愛い綺麗なピンク色。八重です。

淋州は西吉野の梅農家さんでも、「梅干し用梅として生産」している農家さんはほとんどいないそうです。
西北さんの周りでは西北さんの他いないそうです。
淋州は植えていても、梅干し用栽培ではなく、「受粉花」として南高梅などの間に植えているそうです。
梅は単一品種だけでは実の成りが悪く、他品種の花粉を受粉することが必要なんですって。
*受粉は蜂の巣箱を置いています。

その上に、昨夜電話でそうなんですか〜!と驚く話を聞きました。
ひとくちに南高梅といいますが、南高梅にも早生、中手、晩生といろいろな品種があることは知っていました。
淋州にもいろいろな品種があって、
一番皮の薄い淋州をもっているのはうちとこだけなんです。exclamation×2ですって!!
皮が口に残らないんです。
其の上、そうなんですか!と驚いたのは、
「うちとこの淋州を販売している小売店は自然村さんだけなんです」exclamation×2って!

西北さんの完熟淋州で梅干作り、いかがですか?
絶品縮緬赤紫蘇も飯田さんが自然村だけのために栽培してくれています。


申し込みは6月16日が締切です。お渡し予定日は6月21日。
ただ、熟度によっては収穫が早まることもあります。

南高梅も青梅、完熟梅共にございます。
完熟南高梅も落ちる直前の熟度でお渡しできるよう依頼しております。

ご注文、お待ちしています。

posted by 自然村 at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183432342

この記事へのトラックバック