2018年10月20日

十三夜 栗名月

十五夜 お月見しましたか?
私は天高く輝く十五夜お月さんを拝みましたよ。
そして、
明日10月21日は十三夜です。


ネットによると、「十三夜とは、十五夜の後に巡ってくる十三夜をさし、旧暦9月13日のお月見のことをいいます。 ちなみに、十三夜の読み方は、「じゅうさんや」と言います。 中秋の名月の後なので、「後(のち)の月」と言われたりします。」

十五夜月だけでは片見月といい、縁起が悪いというそうですよ。そんなことを知ると気になっちゃいますね。

すすきや栗、豆をお供えし、豆名月とか栗名月といわれます。

ということで、
山形真室川の無肥料無農薬栗が入っています。
DSC07717.JPGわーい(嬉しい顔)
我が家は、昨晩、銀杏と栗の炊き込みご飯をしました。
今晩も作ろうかな。
栗剥き作業好きなんです。わーい(嬉しい顔)

栗ご飯には黒ごまが欠かせませんね。DSC07730.JPG
パラパラと振りかけるとぐっと一層美味しそうに引き立ちます。

また、お月見には葡萄のように蔓のあるものを供えるとよいそうです。
これまた、澤登さんの完全無農薬有機栽培のぶどうを用意しましたね。わーい(嬉しい顔)DSC07687.JPG

私は明日、鹿児島枕崎で十三夜のお月様を拝みます。
東京で見る月と同じかな。わーい(嬉しい顔)
【商品紹介(野菜・果物・米・たまご)の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184729392

この記事へのトラックバック