2018年11月15日

池松さんの野菜

今週の池松さんの自家採種・無肥料無農薬の野菜は
赤リアスからし菜、水菜、津田かぶ、おたふく春菊、後関晩生小松菜、豊葉ほうれん草

           DSC08027.JPG
黒田5寸人参と博多金時人参 金時人参はまだ細めですがとても綺麗なので送ってくれました。
年末、お正月食材には必須の人参です。
池松さん、よろしくね!

大浦太牛蒡についてとっても面白いことを書いてくれたので紹介します。
 今年は立派に育ちすぎて(嬉しい悲鳴)、掘るのにとても時間がかかります。
           DSC08028.JPG
だいたい一本10分強。なので、たくさんお届けできないということです。
そして、ひび割れの理由は、掘っていると音でその理由が分かります。
スコップと山芋ほりを使って遺跡の発掘のように片側の土を取っていきます。
70〜80cm掘り進めていくと、ピキッと音がします。
掘り上げた後、次のを掘っているときにピキッという音がすることもあります。
つまり、80cmぐらい埋まっているわけですから、
圧力(土圧)がかなりかかっているなかで根っこが成長しています。
なので、ベルトをきつく締めていて、緩めた時に腹が膨らむのと一緒で、
掘り上げたら圧力から開放されてヒビが入るようです。DSC08029.JPG
面白いですね〜


明日は雲仙たねの自然農園から岩崎政利さんの野菜

日本で唯一加熱殺菌しない牛の乳そのままの想いやり生乳

ポラン広場の有機の野菜や食品たち

大分から自家採種・無肥料無農薬の新生姜と
水を一滴も使わないで作ったしょうが糖(生姜シロップ)が届く予定です。

みなさまのご来店、ご注文をお待ちしています。
【在来種・自家採種の野菜の最新記事】
posted by 自然村 at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184950587

この記事へのトラックバック