2018年11月24日

雲仙たねの自然農園からの直送野菜セット

冬野菜セット直送便の開始を首を長くして待っていてくださる方が大勢いらっしゃいます。
大変有難いことです。

いよいよ、来週 11月28日発送から
岩崎政利さん雲仙たねの自然農園からの
直送冬野菜セット 開始です
exclamation

購入希望の方は、前週の土曜日までにご注文下さい。
メール:tane★sizenmura.jp (★を@に変えてください)
電話03−5927−7787、
FAX03−5927−7880

定期購入月2回以上の場合は、1セット¥4720(税込み)
お試しスポット、又は、月1回は1セット¥4960(税込み)


初めてご購入の方にお伝えしたいことがあります。
例えば、
岩崎さんの間引き菜は繊細なので届いた野菜は
見かけはぽろくみえることもあるかもしれません。
黄色くなった葉など取り除いたり綺麗にしなくてはいけません。DSC08056.JPG
手間が掛かると言えば掛かります。
でも、見方を変えれば、
雲仙の畑全体に触れている気がします。(かもしれません。)わーい(嬉しい顔)

例えばあぶら菜の間引きなんてほとんど一般の店には並ばないと思います。
食べる経験をする人はほとんどいないんじゃないかな。
こんなに美味しいのにね。
だから、面倒くさがらないでお客さんに食べてもらいたいな〜って思ったんです。
農家さんはもっと手間なことしているんですよね。

黄色い葉傷んだ葉を取って、
少し、盥に水を張って浸けて置きます。
土を落した葉をまな板に置きます。
魔法が起きますぴかぴか(新しい)わーい(嬉しい顔)
どんな魔法かは実際に体験してくださいね。

そして、生でちょっと味わってください。
そして、茹でたり加熱して味わってください。
野菜の風味がどんなふうに変わるか!

野菜を切ります。包丁で切る手に伝わる感触や音を聞いてみます。
切り方で表す野菜の表情の変化!

私は
岩崎さんの種の野菜に付き合っていくうちに
私の内なる感性の新しい扉が開いた!と感じる時を何度か経験しています。
それは、美味しい美味しくないを超えた感覚です。

冬野菜はかぶや大根の多様性に出会える時期です。
こちらは過去のブログの中からの紹介です。

冬の色彩
        DSC03659.JPG
日野菜かぶ、雲仙赤紫大根、源助大根、長崎赤カブ、大野紅かぶ
             DSC03660.JPG
花芯白菜、中葉春菊、赤水菜、赤紫さつま芋、沖縄南瓜、黒田五寸人参

外の色彩だけでなく、切った中から現れる色に心も潤います。
どの野菜も先ず生で味わってみてください。それから、・・献立を決めてから材料を揃えるのでなく、
野菜たちの姿、無垢な味をみてから、さあ、どんな料理にしましょうか〜と楽しむ料理もよいのではないでしょうか。


長い説明になりました。最後まで読んでくださってありがとうございます。
posted by 自然村 at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185063504

この記事へのトラックバック