2019年04月15日

春の幸

日曜日もストーブを使いました。
今日は窓とドアを開けています。
住宅を隔てた石神井川沿いの並木から散り残っていた桜の花びらが舞い込んできます。
重ねて来たセーターを1枚脱ぎました。

西吉野の蕨が届いて、西北さんのことを想いました。
奈良の山間地 西吉野の天然の春
わらびをどうぞ。DSC08612.JPG
灰付ですのであく抜きを経験なさってください。
やってみれば割と簡単です。
自分でやれば出来ることをひとつ積み重ねると心が落ち着きます。
これは私の実感です。

灰汁抜きの仕方、わらびご飯の炊き方が親切に書いてあります。

筍の灰汁抜きもですね。茹でる時間は豊かな時間です。
松熊さんの筍は化学肥料を一切入れてないので硝酸態窒素のえぐみがほとんどありませんので
届きたては生でもいけます。

茹でた姿も美しくて写真に撮りたくなりました。DSC08599.JPG
皮を剥くとほっこりした穀物のような香りがします。
茹でたけのこを買われたお母さんが、「めちゃくちゃ美味しかった」と再購入です。一番大きいのを求められました。

これは今朝配達しました。小さい人たちが食べる筍です。筍ご飯になるのかな〜
             DSC08606.JPG

みなさんは、今年、何回筍を食べていますか?
松熊さんは、1シーズンに2回、3回と食べてください。と言っています。
私は6、7回は食べてます。わーい(嬉しい顔)
今日の昼の賄は、筍と若布の味噌汁です。わーい(嬉しい顔)
【商品紹介(野菜・果物・米・たまご)の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185863387

この記事へのトラックバック