2019年04月25日

池松自然農園さんから

わーい(嬉しい顔)手(チョキ)端境期で玉ねぎしか出せるものはありません・・・
と落ち込んでいた(池松さん談)の声が弾んで聞こえました。

スナップエンドウや絹さやが採れ始めました。葉物も!

おたふく春菊・山東菜・後関晩生小松菜・柔らかいケールDSC08647.JPG
小松菜一杯!!。この気温で黄色くなるのが早いかもしれないのでお値段抑え目で販売します。
自家採種無施肥無農薬の小松菜はこの時期貴重品!

スナップエンドウ・仏国大莢絹さや一杯一杯一杯くださ〜いexclamation×2
と、一杯を何度も繰り返したので、
本当に一杯です
2段に入っています。わーい(嬉しい顔)DSC08648.JPG
みんなで食べましょうね。わーい(嬉しい顔)
家族でいっぱい食べましょうね。わーい(嬉しい顔)
嘉禎にんにくと炒めて食べるのが気に入っているそうです。DSC08649.JPG
フレッシュなニンニクと一緒に買いましょうねわーい(嬉しい顔)

ほかに、もちろん固定種の博多黄金玉ねぎ亀戸大根が届いています。

池松自然農園通信 正月休みに書き始めた通信3月号が入っていました。
とても読みごたえがあって、農業の実態が分かって、池松さんの考えが伝わって、近隣の人たちとの様子が分かって家族の姿が想像できる、そして、池松さんの武骨で正直な人柄、頭の良さが伝わるいい文章です。

その中の池松さんの願いの一文を紹介します。
自分がしたい・するべき農業の形は、
家庭で日々の食卓に上る食材をお届けしたい。、年々その思いは強くなってきます。
美味しいものを食べることは皆幸せだと思います。美味しいものを家族で食べるのはもっと幸せだと思います。日々の食卓でその幸せが、子どもが自分の根っこを張り巡らせるための一つの力になると思います。

自然村のしたい・するべき小売りの形は、
以上同文です。ハートたち(複数ハート)

posted by 自然村 at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185910247

この記事へのトラックバック