2019年05月10日

雲仙たねの自然農園から

岩崎政利さん 雲仙たねの自然農園から届きました。

じゃがいも(西豊)・黒田5寸人参・かぶ・スイスチャード・山東菜・人参の葉・葉付き大根(小) 以上は種採り野菜

早生キャベツ・早生玉ねぎ・ブロッコリー(以上は購入一般種)

柔らかくて大きなブロッコリーもたくさん届きました。

今日のお便りはスイスチャードについてです。
その中でそうなんだ、面白いと思ったことがあります。
 野菜たちの種まきとは、月によって昔からやっている農法です。
特にスイスチャードなどの青野菜たちとは、満月ではなくて、闇夜のときから種まきをはじめて、発芽が始まる時が満月になるように、月の光を浴びながらと生育していくように種まきしていくことが、理想的だといわれています。


私は毎晩、7時半ごろに西の方角へ向かって自転車を漕ぎます。
ある坂を上りきったところで自然と顔が上がり、空を見上げることとなります。
一昨日の夜は三日月が煌々としていました。昨夜は空の高くに少し太った月が小さく見えました。
私も月の光を浴びながらちょっとでも生育していきますように。わーい(嬉しい顔)三日月

子供のころの母の思い出として、母と夜道を歩くとき、必ず三日月に手を合わせて拝んでいたことです。
三日月に何か力があるのでしょうか?理由を聞いたことはありません。
でもきっと、私たち子どもの幸せを祈っていてくれたような気がしていました。

posted by 自然村 at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185978710

この記事へのトラックバック