2019年08月27日

未来のためのお洗濯

末っ子の幼稚園時代友達のお母さんから合成界面活性剤の問題点を教えてもらってから、
歯磨きから浴用、食器洗い、洗濯と全て石鹸を使っていました。

石鹸洗濯は、溶けにくさや石鹸かすや黄ばみ、臭いをなかなか克服できずに使ってきたけど、
何年か前からは、バジャンに切り替え、
最近はアルカリウォッシュバジャンを活用。バジャン (2).jpg
             アルカリウォッシュ (2).jpg
 臭いや黄ばみはなく、洗濯槽のぴろぴろワカメのような汚れの悩みもまずなく。(洗濯槽の洗浄は定期的に必要です)
そしてこの度、ランドリーマグちゃんも使うことにしました。
             ランドリーマグ (2).jpg
 詳しいチラシを配布しています。チラシランドリー (2).jpg
「マイバックを持ってお買い物」と同じように
「水を汚さない未来のためのお洗濯」

そして人工的な香料のしない洗濯は気持ちいいですよ。
市販の柔軟剤のニオイによる健康被害を訴える人が激増しています。
隣のベランダから香料のニオイが流れてきたり、
給食のかっぽう着が回ってきたとき、前の人の洗濯のニオイが強くて困るという経験もあるようです。

それだけでなく、最近では柔軟剤にも香料入りのマイクロカプセル(直径数マイクロメートル〜数ミリメートルのクラスチックカプセル)が使用されています。
これらが空気中に拡散されたり、垂れ流しに排水されていることを知っていたいと思います。
【商品紹介(石けん・雑貨・浄水器)の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186477905

この記事へのトラックバック