2019年09月23日

小公子収穫援農とランドリーマグちゃん

天気予報とは違って午後5時くらいから雨が降りましたが、日中はよく晴れた日曜日でした。
山梨県牧丘の澤登さんの小公子の収穫援農です。援農畑.jpg
岡山のワイナリーに送ります。完全無農薬赤ワインになります。

葡萄は自然には花のつく房が上を向いてつくそうです。だから房下ろしといって房を下におろす作業が要りますが、今年作業の手が回らず、房があっちこっちの枝の上や間にあって収穫に手間がかかりました。
パズルを解くようでした。
蜘蛛の巣も厚く張っているところがありました。蜘蛛の巣が多い.jpg
帽子から蜘蛛の糸をぶら下げながら
時々、小公子を「小鳥のように啄みました。」わーい(嬉しい顔)
「山姥のように」ではの表現間違い?

            援農小公子.jpg
援農にはいつものメンバーと初めて参加の人たちと一緒に畑の気持ちよさを感じます。

薄暗くなるまで作業しました。帰りにはやぶさ温泉というシャワーも浴槽も露天もすべて源泉かけ流しという温泉に入って汗を流して疲れも流したつもりでしたが、今朝は体がパキパキしてました。わーい(嬉しい顔)

小公子は皮の内側にアントシアニンの泉みたいに赤い赤い汁を蓄えています。
収穫の時に、破れた皮から赤い汁が滴って、手は赤黒く染まります。
シャツも紫の染みができました。

今朝、昨日の作業着をランドリーマグちゃんと洗濯マグちゃん(合計マグネシュウム150g)だけで洗濯しました。
            ランドリーマグ (2).jpg
洗濯物を干しました。
店主のシャツも、私のシャツも奇麗に染みは消えていました。
葡萄の染みは水溶性であるからかもしれませんが、下洗いなくても奇麗に洗いあがっていました。

白い靴下は落ち切れてなかったので手洗いが必要です。
石鹸で擦り洗いし直しました。石鹸の洗浄力はやはりありますね。

洗濯時間は、水を張ってから14分間。すすぎは2回にしました。
すすぎ1回でよいといいますが、軽い土汚れなどもついているのですすぎを奇麗にしたかったのです。

マグちゃんと洗剤を一緒に使うと洗浄効果が上がるという説明書きについて何回か問い合わせますと、
宮本製作所さんは「マグちゃんだけで洗ってみてください」と言われますので
それを試しています。
関心のある方、購入を迷っている方はお買い求めの時にアドバイスいたします。
【お知らせ・お買い得情報の最新記事】
posted by 自然村 at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186595617

この記事へのトラックバック