2019年10月02日

佐久間さんの畑から

「あの太いきゅうりはないの?」「柔らかくて凄く美味しかったの」
人生の大先輩のお客さんが一昨日そう尋ねていらっしゃいました。
あの太いきゅうり?モウイかなと思ったけど、色は薄い緑だったそうです。
ああ、佐久間さんのときわ地這きゅうりですね。

そうしたら昨日、タイミングよく、「ときわ地這きゅうりが沢山あります」という連絡が入りました。
もちろん大先輩に電話しましたよ。喜んでいただきました。

ニラ、黄金千貫、沢山のときわ地這きゅうりです。佐久間にら黄金ときわ.jpg

お便りにはこう書かれています。、
ときわ地這きゅうりは秋に本領を発揮します。
朝晩涼しくなると、とても味が良くなります。色の濃いもの淡いもの様々な姿形がでてきます。
やや大きめですが絶対に皮をむかずに全部味わってください。
台風が来なければ長く収穫できそうです。
便り (2).jpg

このきゅうりは太いものも種が大きくなく食べられます。皮の香りがよく果肉もうま味が強くあります。

黄金千貫は土を洗い落とすと長芋のような色です。
いつもはもっと遅い時期に、充分熟してからいただくのですが、台風の被害の後の野菜の品目薄のため早めに収穫出荷なさっています。黄金千貫.JPG
早いので味はどうかな〜?と思っていたのですが、茹でて食べて、
充分甘く美味しいね、と店主で頷き合いました。
ひとつ心配なのは、寒さを越えて熟成に熟成を重ねる頃に黄金千貫があるかどうか?です。
ありますように!
posted by 自然村 at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186638024

この記事へのトラックバック