2019年10月28日

冬のギフトと三陸水産の紅鮭

日曜日は朝5時起きで箱根にある日帰り温泉天山湯治郷へ行ってきました。
一人なので普通列車はさみしくてロマンスカーに乗りました。
朝食のおむすびを食べたかったしね。
土曜日の残りのご飯とこのために残しておいた紅鮭のおむすびだよん。
日本一おいしい海苔で巻いて、海苔の風味もぷんぷん。

三陸水産さんは福島県いわき市にあります。
先の台風の水の被害はなかったけど、断水が続いて仕事ができないでいましたが、先日給水が始まって、出荷再開しました。
空っぽだった棚に紅鮭切り身がぎっしりと入りましたよ。
三陸水産の紅鮭は看板商品です。
長年の目利きで選んだ紅鮭を3%の控えめの塩分濃度で漬けこんで、紅鮭の風味・旨みを活かしています。
脂が程よくのってふっくらとした身で本当に美味しい。
一切れの大きさもパックされている見た目よりも大きいのよ。わーい(嬉しい顔)

冷凍 2切れ¥842 / お徳用5切れ¥1944 (各税込み)
            紅鮭.jpg

食べるたびに三陸水産の紅鮭はご馳走最高だ!と思ってしまう私は、
今年の冬のギフトはこれにしようと決めて今日、注文しました。
これです。紅鮭ギフト.jpg
気取らないですむ妹弟だから、
妹の家に送って、弟と2パックづつに分けてもらいます。
本当に母がお世話になっている感謝だから。
きっと食べるたびにご馳走!と喜んでもらえると信じてます。

ポラン広場のウインターギフト2019 カタログ配布しています。
ご請求ください。ギフト.jpg
三陸水産紅鮭のほかにもいろいろなギフト商品があります。


天山湯治郷ではゆっくりと3回湯に入り、テラスで珈琲飲みながら小公女を熟読したり、
自然薯蕎麦を食べたり、まったりゆっくりしました。
秀明館は営業しているとのことなので次回の箱根行きは秀明館にしよっと。

帰りは発車間近のロマンスカーに飛び乗ったら、車中の特急料金は300円も高いと聞いて、小田原で降りて後は急行で。舟を漕ぎながら帰りました。

【商品紹介(魚・干物・練り物・海産物)の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186736566

この記事へのトラックバック