2019年10月31日

旬 間引き菜!

福岡の池松さんから
たっぷりの葉野菜が届きました。

今が一番の旬の間引き菜です。
柔らかく瑞々しい若い茎と葉を食べます。
            池松2019秋野菜.jpg
かつお菜。煮びたしやお浸しに。先日、竹輪とかつお菜の煮びたしにしました。
赤リアスからし菜、水菜 。柿や梨などとサラダにするのもお勧めだそうです。

            大根間引き博多すわりかぶ.jpg
博多すわりかぶ
大根間引き菜。じゃこや胡麻と一緒に油いためのふりかけは定番です。
おたふく春菊 里芋と春菊の味噌汁や、そろそろ鍋物も。

下に隠れていますが、ふさふさの葉の黒田5寸人参間引き菜

みなさん、ぬか床は元気でいますか?
きゅうりの盛りが過ぎ去って、ぬか漬けは細々と繋いできました。
これからが在来の個性ある大根や人参、かぶの出番の季節です。
夏の暑さの中、どんどん発酵が進むのに追われるぬか漬け生活でなく、
気温が下がって、漬かるのを余裕をもって待てる時期になりました。
池松さんの芥屋かぶの間引きのぬか漬けです。芥屋かぶぬか漬け.jpg
ぴりっと辛みのある大人のぬか漬けです。

うれしいぬか床は冷凍販売しています。解凍して使います。

明日は雲仙たねの自然農園から岩崎政利さんの在来の野菜が届きます。
高木糀商店から生米糀、生甘酒、生塩糀が届きます。予約以外の店売りもありますのでご利用ください。
ポラン広場からいろいろ。
想いやり生乳入荷日です。
posted by 自然村 at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186748093

この記事へのトラックバック