2019年11月07日

池松さんの種採り野菜

福岡県 池松さんの種採り野菜が届きました。
箱を開けると、
九州男児そのものの眼力で野菜が私を見上げました。

かつお菜は福岡の伝統野菜。かつおの形に似ているのか、かつおのようにうま味のある野菜だからか。
おでん材料の一部と一緒に煮びたしは美味しいですよ。
さっとゆでて椀だねにも。北九州ではお雑煮の菜にすると聞いたことがあります。

九条ネギ。これはもっと欲しかったな〜

おたふく春菊ももっと欲しかったな〜。争奪戦です。

水菜がたくさんあります。一番人気だそうです。この水菜は、何種類か固定種の水菜を栽培して一番おいしかったものだそうです。鍋に入れるときは最後にさっと火を通すと苦みが出ないそうです。
赤リアスからし菜と同様、生でサラダもいいですが、浅漬けの素や塩で一夜漬けにしてもとても美味です。

下には、黒田5寸人参
五木の赤大根の間引き菜、博多据わりかぶ、津田かぶが入っています。
炒めたり、汁物に入れたりして食べてください。

第2弾で蒔いた冬野菜がダイコンサルハムシにほぼ全滅させられたそうです。ショックです。とお便りに書いてあります。
しかし、気持ちを切り替えてトラクターで鋤込み、来年の空豆、ピース、スナップエンドウをまくための準備をしたそうです。
本当にいろいろな試練がつぎつぎありますね。
強靭な精神がつくられるわけです。池松さんに会えばその精神が身体から感じられますよ。

明日は、40年近く、幾たびの試練を過ぎてきた岩崎さんの野菜が届きます。

そして、杉山ナッツピーナッツバターが届きます。
posted by 自然村 at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186778040

この記事へのトラックバック