2019年11月23日

給食の食材

佐久間さんから里芋を送っていただきました。
月曜日、保育園さんに納品します。
ご注文の内、里芋は佐久間さんの自家採種・自然農。
玉ねぎと人参は岩崎政利さんの黒田5寸人参、玉ねぎ。
他の野菜や調味料・加工品はポラン広場仕入れのものを。
            佐久間さん里芋.jpg
園児や職員のみなさんの美味しい給食になります。
そして、身体になります。

ただ、毎日の食事は家庭が2食。
身体と心を養い形成するのは台所と食卓

先日、東京新聞を読んでいたら、こんな記事に眼が止まりました。
奄美島で在来の鳥やねずみが猫の捕食で減っているそうです。
野生の猫による捕食だけでなく、
飼い猫の捕食が多いそうです。
何故飼い猫と分かったか。
毛を調べたらペットフードの元素が検出されたからです。
改めて、人・動物・生き物は食べたものから出来ているexclamation×2って実感しました。ひらめき

店の本棚から辰巳芳子さんの「食の位置づけ 〜そのはじまり〜」を取り出してきました。tatumi.jpg
              
帯に
食べものを用意して
食べさせるということは、
ひとつの「祝福」です
と書かれています。
【在来種・自家採種の野菜の最新記事】
posted by 自然村 at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186836128

この記事へのトラックバック