2019年11月23日

令和元年 新米 神楽もち米 入荷

お待たせしました。

はざかけ天日干しで十分に乾燥されました。かぐらもちはざかけ.jpg
               かぐらもちはざかけ天日.jpg
佐久間さんの神楽もち米 令和元年新米届きました。神楽餅IMG_20191123_113714.jpg
玄米です。ご希望で精米いたします。神楽餅白濁.jpg

お赤飯、おこわ、餅つきにご利用ください。


佐久間さんのお米は只今、イセヒカリ・農林22号、神楽もち米です。
初霜はようやく刈り取りが終わり天日に干されています。
今週のお便りをお読みください。お便り.jpg
いつもありがとうございます。この時期にしては冷えこみのない雨の朝です。甘い香りがすると思いましたら、ビワの花が咲いています。台風15号の暴風のためでしょうか、花の数が少ないようです。
 まだ初霜がありません。南風が強く吹くくらいですからもう少し先でしょう。急に冷える時もありますのでそろそろでしょうか。
「ハツシモ」の刈り取り、おだかけが完了しました。
霜の降りる頃に収穫を迎えるので名前がつけられました。初霜よりも早い稲刈りでした。
切り株の周りには一面レンゲが青々としています。ずっと水の中だったレンゲの種は腐らずに、ちゃんとよいタイミングで芽を出してくるのです。稲刈り後は細い糸が無数に光っています。
クモが沢山いるのです。レンゲが茂っていると棲みやすいのだと思います。
 刈りとり後、2週間ほどは「おだ」と呼ぶ竹で組んだ物干しに逆さまにして追熟、乾燥です。火力乾燥より100倍近くの時間をかけます。
天気をみて脱穀。稲から実・籾だけを分離・収納します。この籾の状態でずっと保存しておきます。
皮を剥いた玄米より保存がききます。種として蒔くことができる籾です。
あと少し田んぼに「おだかけ」の風景が見られます。
【商品紹介(野菜・果物・米・たまご)の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186836328

この記事へのトラックバック