2019年12月06日

加藤誠さんと典子さんのみかん

昨年はいただくことが叶いませんでした。
誠さんが病を得て闘病中だったのです。

自然村は昨年、香川の金時みかんだけを販売しました。

今年は、秋の初めに1度だけ有機極早生みかんを仕入れましたが、
違う・・と感じて、
それ以降、みかんのない店でした。

思い切って電話をしました。
奥様の典子さんが出られました。

手入れのできない山でどれだけみかんがあるかわからないが、
採れたら送ってくださると言っていただきました。

今日、温州みかん興津が届きました。
今までと同じように知性を感じる筆跡と文面のお便りが添えられていました。

このみかんこそ加藤さんだけに実るみかん。
私がみなさんに食べてもらいたいのはこのみかん。加藤さんのみかん.jpg
陽の光と暖かさをぎゅっと集めて内から出る深く濃いみかん色の皮。
           加藤さんの興津.jpg
奥さんはどのような想いを抱きながらこのみかんを収穫したのだろうか、
発送してくださったのだろうか、と考えてしまいます。

これは熊本の加藤さんを訪ねた時の訪問記です。
http://blog.sizenmura.jp/article/40515512.html
【商品紹介(野菜・果物・米・たまご)の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186888087

この記事へのトラックバック