2020年01月06日

正月休み

今日から店。
店に来ると先ず珈琲を淹れてメールチェックするのが日課です。
今朝はろばやのモカイルガチェフェ。美味しい。ろばや.jpg

今週ろばやの珈琲豆を発注するのでご希望の豆があれば早めに声を掛けてくださいね。

話は遡るのですが
お正月はみなさま、どのように過ごされましたか?
私は例年は夫婦双方の実家、岐阜愛知に弾丸帰省するのですが、
今年は帰らず家で過ごしました。
 大晦日は上手い具合にexclamation1袋残ったとのしろ豊穣館の生蕎麦と依田さんの無農薬在来わさびで年越しそばです。
いんげん、蓮根、牛蒡、南瓜、パプアニューギニア海産の天然えびの天ぷらを揚げました。
素材の持ち味を引き出した良い揚げ具合だと家族に褒めてもらいました。
サラダマスター鍋で揚げ物をすると大変上手に揚がります。それは何故かはよくわかっていないのですが
実感です。ハートたち(複数ハート)

元旦は昼ご飯から料理始め。
日頃、娘に頼りっきりの料理を私が作る時間がたっぷりある正月です。
また、帰省するとサービスエリアや料理屋の外食ばかりになるのですが、
今年は店の食材を少しでも多く使いまわすことができる。
私にとっては精神上とても大事なことです。

雑煮、煮もの、茶わん蒸しなど全て出し汁は昆布と鰹節でとったものを使いました。

たくさん作った煮ものは煮返して味が深まり、煮汁はもったいなくて
最後は出汁殻の昆布と落花生を煮て全て食べきることができました。

茶わん蒸しは1回目は火加減をうっかりして蒸し上りが汚くなったけど、
2回目はまあできました。サラダマスター鍋で火加減さえ間違えなければ奇麗にできます。
2回目、鶏肉がなかったので、メカジキの切り身を入れました。
これが大変美味しかった。脂ののったメカジキがふっくら蒸した状態に火が入りました。
まだメカジキがあるのでもう一回作ろうと考えています。
茶わん蒸しの具は、鶏肉、天然えび、かまぼこ、銀杏、ゆり根、茹でほうれん草、切り三つ葉を使いました。

自然村が定番で販売しているメカジキ切り身は大変美味しくお勧めです。
柚庵焼きも好評でした。

なますは胡麻酢で。林檎屋さんの市田柿と源助大根。彩にきゅうり。
人参・金時人参が全て売り切れて、半本あった池松さんの黒田5寸は煮ものに使ってなくなってました。
ぶっとい人参ですが柔らかく包丁の入る美味しい人参でした。

暮れに「ここの人参で天ぷらを作ると美味しいのよ」と言ってくれたお客さんがいました。
飯田さんの筑摩野5寸、岩崎さんの人参、池松さんの人参。間違いなく美味しい人参です。

昨夜は残っていた菜と蒲鉾の山葵醤油和えと三上さんの自然農法納豆賜物の納豆サラダ。黒豆煮。
セロリ、きゅうり、かまぼこを細かく刻んだのと納豆を辛子マヨネーズ、醤油で和えたのをサニーレタスで包んで食べます。それから煮ものの最後。

出汁をとり、食材に集中してできるだけ丁寧に包丁を入れていました。
その時間が一年の疲れを解してくれるような気がしました。

カーテンを洗って、寝具のカバーを洗うのにお天気続きで有難い。

井草八幡宮、東伏見稲荷、東伏見氷川神社にお参り。

後は、時代小説の読書三昧は道半ば。TVはキムタクドラマを見る以外はほとんど見なかったな。

3日は普通電車で箱根湯本へ。
途中、鈴廣蒲鉾のところで下車する人が大勢いて箱根駅伝復路の応援と観戦の人々だと気づきました。
線路に並行した道路に幟や人が見えます。
箱根湯本駅に着いたらホームから先頭のランナーが走るのが見えました。
私たちも沿道に並んで観戦。イヤー今日来てよかったと大喜びで気分が上がりました。
そこから川の流れの音に洗われながら歩いて天山湯治郷へ。

4日は埼玉の息子の家に。孫とかるたやトランプ、絵合わせ、ジェンガをして遊びました。
可愛く優しい孫にほっこり癒されながら本気のかるた取りやトランプをしたジジババでした。
しかし大分頭と手は衰えています。

こんな風に過ごした正月でした。



【店主のつぶやき(日記)の最新記事】
posted by 自然村 at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187002773

この記事へのトラックバック