2020年02月07日

固定種のカリフラワー

F1品種だと思い込んでいましたが、
固定種・自家採種でした。岩崎さんの黄緑カリフラワー

先週までは締まって整った形でした。
今日、箱を開けて出てきたのは、このように開いていました。
           黄色カリフラワー.jpg
「あれあれ、卸さん経由ならクレームをいっているかもしれない。」と内心思いました。
しかし、そうではないのですねexclamation×2

固定種のカリフラワー このときが美味しく感じるときです。
お便りから〜
例年なら収穫できない、カリフラワーから花芽が伸び始めている状態。カリフラワーとブロッコリーの間の姿。
             黄色花芽をつけ始める.jpg
茎が青みを帯びてきて花芽をつけるためにスーッと伸びてくる。
固定種のカリフラワーこのときがおいしく感じるときです。

 今冬とは暖冬のおかげで、例年は寒傷みで栽培しても途中で収穫できない。
3年ぶりに寒傷みがない収穫を迎えていたものです。
 いやこんなに花芽が出始めるまで、収穫とは初めてなのかもしれません。
今やカリフラワーの仲間とは、ブロッコリーにおされてしまい、生産現場をなかなか地域の中でも見ることができなくなってしまいました。
しかし、この様な花芽が出来るまで生育したのは、ブロッコリーよりはおいしいと思えます。
このような昔ながらの固定種のカリフラワーとは、いずれ種子の販売もなくなる日がくるとおもいます。収穫するなかで選んで、畑の隅に植えなおしています。
毎年、母本を選んでいますが、花が咲く時期がキャベツ同様に遅いため不安定です。
カリフラワーですが、ロマネスクに近いカリフラワーです。



花芽を伸ばし始めた一番おいしいと感じるこの時期のカリフラワーの時期は
ほんの短い期間だろうと思います。
来週もあるのかな〜〜〜
あればいいな〜〜
店にあるのは残り2個。どなたの台所に置かれるのでしょうね。

他に、
大和真菜も滋味深い味と香りをしています。おすすめです。
赤水菜の色は益々冴えています。
弘岡かぶ、岩崎ねぎ、紅芯大根、源助大根、5寸人参、サニーレタス、白菜、じゃがいも(西豊)、キャベツ

源助大根も残り2週間くらいのものになりそうです。

雪せっかくの冬らしい寒さです。滋味あふれる野菜をことこと煮て、
暖かいお家の台所で温かい食卓を囲んでくださいね。
posted by 自然村 at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187132533

この記事へのトラックバック