2020年07月01日

レジ袋有料化

本日からレジ袋、量り売りお米のポリ袋を有料化いたします。
どうぞよろしくお願いします。有料化.jpg

本日、今時点まででレジ袋を利用の方はゼロです。
買い物袋持参の割合は高いと思います。

私の子供時代は菓子屋に行けば、大きな缶や瓶からスコップで掬った菓子を紙袋に入れた量り売り。
豆腐も鍋持参、肉は竹皮に量り売り、魚は新聞紙にくるんで。
そんな時代からみると今では包材はあふれんばかりです。
プラスティックだけでなく紙箱も包装紙もです。
紙袋だって消えゆく森林に繋がっているかもしれません。


店内を見渡せば、ほとんどの商品はプラスティック包材が使われています。
必要ないかな、と思う商品もありますが、
プラスティック包材のおかげで品質が保たれ、賞味期限が長くなり、食品ロス軽減につながっている面や、
劣化防止に役立っている面や
輸送コストの軽減に役立っている面もあります。
たくさんの恩恵を受けています。

自分ができる簡単な事。
余分なものはもらわない。
ポイ捨てはしない。
ゴミ出しは地域のルールに従ってきちんとする。
清掃の仕事をする人の立場を考えてきちんと出す。
マイクロカプセルが使われている洗剤や柔軟剤は使わない。
ラップは最小限しか使わない。蓋つき保存容器を使う。

一つ課題。スポンジを止める。パックスナチュロンのスポンヂ凄く泡立って水切れよくて長持ちするんだけどな〜〜〜。びわこに変えようかな〜
あれ、びわこもプラ包材に入っている。これは入れなくても再生紙で良いんじゃない?

ともあれ、レジ袋など代替品が立派にあるものから始まります。
エコバックだって家庭に何枚もありますよね。たまっている紙袋だっていいしね。

自然村でもできること、卵のパック.jpg
              紙袋.jpg

野菜の包材なしをしたいけど、すごく難しのも事実です・・・
葉っぱは萎れる。人参は萎びる。
萎びる前にどんどん売れればいいんだけどね〜たらーっ(汗)



posted by 自然村 at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187654087

この記事へのトラックバック