2020年10月10日

柿渋の飲み方

臭くて渋くて不味い柿渋の飲み方。

容器に、5〜10mm位の柿渋をいれ、飲む。
不味いのでつい、喉の奥でくいっと飲んでしまいがちだが、
口に含んで舌の上で転がして、胃の腑へ落とす。
口の中をはじめ喉、食道などの効果を発揮しながら消化器官まで達する。
(週刊新潮 製造元大阪西川さんの取材記事による)

なあるほど、舌の上で転がしてだと、唾液と合わさっていいですな〜

私は薬よりも、ワクチン打つよりも、不味くて渋くて不味くても自然の力の方を選んじゃうな。

自然村にはこんなにたくさんありますわーい(嬉しい顔)柿渋いっぱい30日.jpg

買っても使わずお蔵入りしている物ってありますよね。
柿渋もそうなりそうな商品ですので、販売にあったっては、飲み方の丁寧な説明書と、
コロナ以外に有用な例を書いた紙を差し上げています。
遠くに住む親戚の人にあげるという方にも一緒に紙を差し上げています。
【商品紹介(調味料・農産加工品)の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188012999

この記事へのトラックバック