2020年12月16日

幻の吹田慈姑

自然農でお米を作られている野路さんが栽培なさっている吹田慈姑が届きました。

私は吹田慈姑を聞き及んではいましたが、見るのも食べるのも初めてです。

まずは、試食に1kgほど送って欲しいとお話ししたところ、
それほど多くは難しいと。1個2gとか5gとかおっしゃいました。
私の知っている慈姑は芽を残して皮を剥いて炊く大きさのものです。
どうにも想像できない話でしたが、野路さんもお困りだったでしょう。

電話でのやり取りではピンとこなかった、理解できなかったことが、届いた慈姑を目にしてやっと理解できました。
大事に濡れ新聞紙に包んで、ビニール袋に2重に入れ、プチプチにも包まれて届いた小さな箱。
          16吹田くわい.jpg
開けてみて、やっと野路さんのお話が理解できた気がしました。
           大きさ16吹田慈姑.jpg
軽量してみれば、1個2g、3g、5g16吹田慈姑.jpg

1kg、試しに、なんて途方もない何も知らないものの傲慢だったのです。

さてさて、この慈姑にどのような値段を付けられましょうか?

こちらは、間を繋いでくださった佐川さんとの吹田慈姑についてのお話です。
http://blog.sizenmura.jp/article/188193543.html
次回は、どのように食べたかブログで紹介いたしますね。
【在来種・自家採種の野菜の最新記事】
posted by 自然村 at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188224173

この記事へのトラックバック