2021年01月29日

幹助とガルム 幹助とガルム

高知の柚子果汁 幹助とアサクラさんのガルム発送の注文をいただきました。
            29幹助とガルム.jpg
「試しにお鍋のタレのひとつとして、幹助とガルムを合わせて一味ですこし辛味をつけたら、タイのトムヤムクンのようになり、とてもおいしかったです。
生のレモンよりも合っていて、ほかのゆず果汁と比べても幹助はとくべつフレッシュで爽やかに感じました。春雨を入れて、スープ麺にしておいしくいただきました。」
「どんなお鍋でも合いそうですが、鶏団子でいっそうタイっぽくなりました。
アサクラさんのガルムはナンプラーのかわりに、火を通して使うことが多かったのですが、使い方にも書いてあるように、そのままの方が風味がいいですね!この組み合わせ、絶おすすめです(^.^)」


鶏団子とは、ポラン広場の鶏つくね団子の事ですね。

幹助はリピート必至の非加熱柚子果汁なんです。今年は特にお求めが多くて残り少なになっています。
【商品紹介(調味料・農産加工品)の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188352884

この記事へのトラックバック