2021年03月17日

晩御飯

平日は洗い物を少なくするためワンプレートにすること多いです。
            17晩御飯 豆ご飯桜塩漬け、こぶたかな、白菜菜花.jpg
久留米豊豌豆の豆ご飯を作ろうとして、
米と酒(旬味)と豌豆を入れてから、「塩がない〜」
食料管理能力に欠けますが、あるもので何とかする能力は少しあります。
あちこち探していたら「桜の花の塩漬けがある!」と閃きました。ひらめき
久留米豌豆と桜の花ご飯になりました。

その話を娘にしたら「私は塩漬けケッパーの塩を使った」と言いました。アサクラ塩漬けケッパー.jpg
親子ともども頭いいね〜ひらめきわーい(嬉しい顔)

最近は、菜花がとても美味しく感じます。白菜の花のなんともいえない蜜のかおり。
花をひとつふたつ食べてみます。白菜菜花のいい香り.jpg
すっきりとからし和えが最近の好みです。冷蔵庫に残っていた竹輪(いちうろこ)を使っちゃおう。
3本は多すぎだわね、と少しつまみ食いしました。

雲仙こぶ高菜を炒めるためにほうろく屋さんの菜種油荒搾りを使ってみました。
            3日ほうろく屋荒搾り.jpg
舐めてみると少しピリッとして薄い香りがあって、
ほうろく屋さんが「オリーブオイルのような使い方を」と言うのを得心しました。
それでひらめきと思って、
アサクラの塩漬けケッパーを刻んで使いました。
大体火が入ってからこんぶ土居の本格十倍出汁を入れて
片栗粉でとろみをつけて出来上がり。POD片栗粉.jpg

ほうろく屋の菜種油は値段は高いですが使ってみる価値は確かにあると思います。
使ってみるときっとわかっていただけると思います。ほうろく屋荒搾りとアサクラオイル.jpg
オリーブオイルの価格と比較して菜種油の価格は安いはずだというのは違うと思います。
普段は平出油屋さんの菜種油。炒め物、揚げ物に多く使える。平出の菜種油はいずれは伝説となる菜種油だと思います。




【店主のつぶやき(日記)の最新記事】
posted by 自然村 at 17:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)
この記事へのコメント
「ほうろく屋さんの菜種油荒搾り」
今日いただいて帰りましたが、
早速、グルメクニヒロさんの豚ロースと白菜と椎茸を炒めて、片栗粉で白だしにとろみをつけていただきました。
高齢の母もとても美味しいとパクパク〜♪
(私の菜種油への偏見は吹き飛びました。)

次は何を作りましょうか?
とワクワクする素敵な菜種油とであわせていただきありがとうございますにこにこあせあせ(飛び散る汗)🫖
Posted by こっこ at 2021年03月17日 21:35
こっこさん、素敵で嬉しいコメントをありがとうございます!!

ほうろく屋さんのお話では「牡蠣のアヒージョ」お勧めだそうですよ。

こっこさんとの打てば響き合えるような会話が楽しいです。
いつも心を寄せてくださってありがとうございます。

Posted by シゼンムラ at 2021年03月18日 09:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188497911

この記事へのトラックバック