2021年04月07日

山里の芽吹き

山梨県明野村の清水浩二さんが採取した
天然タラの芽が入りました!4月7日天然タラの芽.jpg

清浄な沼津標高250mの段々畑のよもぎ
               4月7日沼津よもぎ.jpg

蕨(灰付)4月7日蕨美しい.jpg

よもぎ、天然タラの芽ときたら天婦羅exclamation

水ぶきの香りのよいことと言ったらマスクしていてもわかるくらいです。
              るんるん4月7日水ぶき葉の佃煮.jpg

先週、ふきの煮物をしたところ大変喜んでもらえました。
出汁は、タイコウのいつものだし粉を使って、
本枯節削り節の花くらべをたっぷり入れて煮たものです。
ふきの煮物は小さい子も好きですよ。

これはいいexclamationと分かったのは、
水ぶきの葉の佃煮です。
これは本当にお勧めします。
葉を湯がいて(茹ですぎないで)水に晒して、
水気を絞って、細かく刻み、胡麻油で炒めて味醂醤油で味付けしただけでご飯のお供にぴったりです。
子どもでも食べられますよ。
更に、出汁を使ったり、粉かつおを混ぜたり、胡麻を混ぜたりしてどんどんアレンジできます。
でも、味醂と醤油、胡麻位でも十分美味しい。

蓬の新芽を楽しんだり
こういう慎ましくも自然に沿った豊かな食生活の経験を重ねていったら
いつか来る年金節約生活も楽しんで健康にできるかもと内心考えているのですよ。わーい(嬉しい顔)

今は、下記をキャッチフレーズにかわいい
都会に住んでいても自然は私の傍にある。
一番身近な自然は私の身体。そして台所。

どうでしょうか〜わーい(嬉しい顔)



【商品紹介(野菜・果物・米・たまご)の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188558954

この記事へのトラックバック