2021年07月17日

みっちゃん梅干

お待たせしました。
佐渡島 古澤諭吉さんより、大島の自然塩海の精使用みっちゃん梅干が一年熟成して届きました。
            7月17日みっちゃん梅干 (2).jpg          
雨のよく降り続いた梅雨が明けたら酷暑の日差しです。
梅漬けをしたみなさんは、土用を待っていることでしょうね。
揉み紫蘇はもう入れられましたか?
和歌山県産有機赤紫蘇300g¥814のご注文は引き続き承っています。
また、揉み紫蘇300g、500gのご注文もお受けしています。

実は私は梅干を作っても、梅干しだけを食べるのは苦手なんです。
映画「めがね」で、もたいまさこさんが大きな梅干を丸ごと口に運んでいるシーンを目を丸くして観ました。
でも、お結びや料理に使うのは好きです。
熱中症予防、夏の食欲増進に本物の梅干しの活用、昔から言われていますね。
手作り梅干をなさらない方は、本物の梅干をお求めください。
和歌山県三尾農園の白干し自然梅干し(自然栽培梅)もございます。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188849653
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック