2021年08月06日

昼の賄 夏はそうめん

晩御飯の時間なんですけど〜〜わーい(嬉しい顔)
昼の賄8月6日そうめん賄い (2).jpg

夏休み、昼は素麺!って決めている家庭もあるかも〜
また素麺か〜〜〜〜〜という声が聞こえそうなわーい(嬉しい顔)
私の育った家もそうでしたからわーい(嬉しい顔)

自然村も時々素麺。
今日はオーサワの小豆島てのべそうめん。時には奈良県吉野の手延べ葛そうめん

おかずは、万願寺唐辛子と伏見甘長とうがらしと油揚げの炒め煮でした。
万願寺、伏見甘長を炒め煮しているときの、とうがらしの加熱する香りがたまらなく好きハートたち(複数ハート)
食欲を刺激されます。
タイコウの本枯節花くらべをたっぷりかけて食べました。

素麺の薬味は生姜は外せないね。

主役にも脇役にもなる料理に欠かせない生姜。
自然村で販売する生姜は栽培期間中も保存期間中も無農薬有機のものです。
日本で消費される生姜の自給率は40%です。県別では高知県が全体の40%を占めています。
ちなみに高知県が定めた生姜の慣行栽培レベルは、化学合成農薬成分×回数が30、
10aあたりの化学肥料投入量34kg、これは栽培期間中の規定で、その後の長期に渡る貯蔵についてはルールがありません・・・(ポラン広場東京の説明より拝借)

自然村では、目立たないけど、とても売れている野菜の一つなんですよ。
何といっても「ここの生姜は味が違う。美味しい生姜ですね」と声をかけていただいています。
味も香りも安全性も抜群です。
【店主のつぶやき(日記)の最新記事】
posted by 自然村 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188902039
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック